私たちのアンバサダー

アンバサダー オブ ザ イヤー

2016
Anouk Prop

ネザーランド

2017
Maneesh Kalra

(日本)

2017
Wendy Chan

シンガポール

2018
Juee Yew-Crijns

(イギリス)

2018
Lauren Peterson

(アメリカ)

2019
グウェン・タン=ウィン

マレーシア

2019
エメリーブライアント

ミズーリ州スプリングフィールド

2020
キノ・マクレガー

フロリダ州マイアミ

委員会アンバサダー

Lui Watanabe

(日本)
https://note.com/vedatokyo/n/nb7d73848a59a

Despite having a gorgeous career as a 2007 Miss World representative from Japan and a 2008 Miss Universe finalist, Lui lost sight of herself in an appearance-oriented world and became depressed from stress. That’s when she discovered yoga philosophy. She realized that’s what she really wanted to share with the world. Currently she is teaching her own community SunroomYOGA and online studio Veda Tokyo, and is studying psychotherapy.  Also she uses the knowledge of Waldorf Steiner education for raising her child in the nature of Fujino Japan.

“My passion has always been charity work so I am delighted to be a part of YGB and live in yoga together. Yoga has brought light into our lives and its just natural to support India where this amazing yoga culture was born. Yoga taught us to practice off the mat by choosing love and devotion through our actions. It is the most precious gift we can share from the practice of yoga.”

Nadine McNeil

(ジャマイカ)
https://www.universalempress.com

Nadine McNeil is no stranger to moments of crisis. A global gallivanter who goes by the moniker Universal Empress online, for nearly two decades, prior to her deep dive into yoga in 2008, Nadine travelled the world in service of the UN, UNICEF, Global Volunteer Network and Organization for the Prohibition of Chemical Weapons. She was the former UN Chief of Operations in the Central African Republic and UNICEF humanitarian who is now based in Bali as a yoga instructor and personal coach. These and other experiences rooted Nadine’s continued devotion to activism.

Founder of the BadAsana Series ©: Yoga with Weights.
This Yoga Alliance [CE] certified program is one that integrates 1 to 3 kgs weights intelligently within a hatha-vinyasa flow practice.  The purpose of this synergistic practice to support the body in building physical strength, endurance and stamina, while respecting and adhering to the main tenets of yoga, primarily through breath and alignment awareness.

Her mission as a yoga teacher, speaker, wisdom mentor and humanitarian is to ignite infinite possibility in people around the world and share yoga especially with diverse underserved communities. It is this mission that calls her to serve as a global ambassador for Yoga Gives Back.  ‘It was right there at the Sivananda ashram in Kerala, that I witnessed firsthand where when consciously applied, that the teachings and wisdom of yoga serve as a viable tool for peace, personal and global,’ she declares.

Inspired by her firsthand encounters with both the resilience of the human spirit and also its suffering, Nadine’s talks, workshops, yoga sessions, Women’s Circles and retreats are continually described as powerful, moving and insightful.

As her Women’s Circles continue to gain global traction, women from across the world who have sat with her in Circle, have returned to their communities to offer this necessary and important work.

“When consciously applied, the teachings and wisdom of yoga serve as a viable tool for peace, personal and global. When one of us suffers we all suffer.  Yet when one of us heals, we all heal. “

 

 

 

アイミー・エコー

アシュタンガヨガ・ロングビーチ

Aimee Echo lives in Long Beach CA with her musician husband and 90lb pit bull. She is the owner and primary teacher at アシュタンガヨガ・ロングビーチ. She is the only KPJAYI Authorized Ashtanga Yoga teacher in Long Beach, CA. She is also a graduate of Institute of Integrative Nutrition and a Certified Massage Therapist.

“I am so inspired and moved by the work that Yoga Gives Back does supporting Indian women and families in need. Yoga has been a consistent source of support for me for over 21 years. I am grateful for the opportunity to be able to give back in this way- a way that honors the roots of Yoga and the hard work of so many Indian practitioners who were stewards of these old practices and traditions and their generosity in sharing them.”

Don Henry

LiveYogaWellness

In addition to teaching Yoga classes in the Los Angeles area, Don is a certified Yoga therapist. He completed his training at Loyola Marymount University where he now is an adjunct professor in the Yoga Therapy program, as well as a mentor to Level III and IV Yoga therapy students. He is certified through the International Association of Yoga Therapists and is also a certified Chair Yoga teacher.

Don has been teaching Yoga-related topics at the Esalen Institute for the past several years and was also awarded Prime of Life Yoga® Teacher of the Month by Samata International. He has been working closely with Yoga pioneer, Larry Payne, for many years, and served as Larry’s book editor and photographer for his new book, “Yoga After 50 for Dummies.”

I first became aware of YGB when I attended a live event in Santa Monica. Since then, I’ve learned a lot about the organization and Kayoko’s mission. As a student and teacher of so many Yoga practices and principles, I also feel deeply indebted to the contribution India has made in terms of so much culture and tradition. By helping the women and children of that country, arguably among the most vulnerable, I feel that we at least begin to repay a debt and, moreover, show respect in a way that so many well-intentioned Yoga leaders in the American community fail to do. As for me, I only had sisters growing up, and as an adult only shared my life with a wife and daughter.  Women have always been some of the most important people in my life, and I am particularly drawn to an organization that seems to show such reverence for the women and children of India.

京奈

カリフォルニア州サンディエゴ
KY-VEDA.COM

アーユルヴェーダ・ヘルス・カウンセラー、認定ヨガ・セラピスト、オーリキュロセラピー・プラクティショナー、バイブレーショナル・サウンド・セラピスト、骨盤スチーム・ファシリテーターの資格を持つ。20年以上にわたり、意識的なセルフケアと長寿の実践を専門とするホリスティック・プラクティスを行ってきたキョウナは、個人の健康目標を達成し、それを上回るようにデザインされた食事指導やライフスタイル管理を通して、自分のユニークな体質に対する認識を高め、バランスを回復することで、個人が健康に対して積極的な役割を果たすことができるようにしています。

キョーナは、カリフォルニア州サンディエゴに拠点を置き、国際ヨガセラピスト協会、全米アーユルヴェーダ医学協会、カリフォルニアマッサージセラピー評議会、米国大麻看護師協会のプロ会員です。

Yoga Gives Back をサポートすることは、これらのセルフケアの規律が生まれた豊かな文化に敬意を表し、感謝の気持ちを表すための私の方法です。

Theresa Herrea

フィリピン
https://www.globalmalamanila.com/about-1

Teresa Herrera began exploring yoga at the age of nineteen years old as a way to understand the sacred movement of breath (“prana”) and body. Under the generous guidance of her teacher, Shiva Rea M.A., Teresa is trained in Prana Vinyasa Flow TM and Yoga Trance Dance TM.  Her intuitive and fluid teaching style nurtures each student as they explore their bodies on the path of yoga. Her studies in Dance, Meditation, Buddhism, Yogic Arts, World Cultures & Scuba Diving infuses her approach to teaching and living the “flow” that is yoga.

I support Yoga Gives Back because I believe in the power of Women Supporting Women.

Amarjit Kumar

Pure Hong Kong
https://www.pure-yoga.com/hongkong

Amarjit began his Yoga journey at the age of 10 and has since accumulated in-depth knowledge and practical experiences in yoga practice. In his pursuit of yogic excellence, he started studying authentic Yoga as a youth and devoted himself to its continuous practice both in spirit and in form. He has been recognized for his talent and has won numerous national and provincial yoga championships in India. Under the guidance of his teachers in yoga training and having been deeply inspired by Swami Niranjanananda Saraswati at the Bihar School of Yoga, Amarjit wanted to impart and share his inner feelings of yoga with more people around the world. He first began his yoga teaching career in 2002 in India, later moving to Bangkok in 2005 and then Hong Kong since 2007. He displays his passion for yoga philosophy as a way of life and translates the traditional essence and concepts of Yoga into practical application and body-mind enhancement in today’s world.

It has been my honor supporting Yoga Gives Back as an ambassador. I strongly believe part of being a person is about helping other- be good, do good, be kind and serve others.

 

 

Tara Mitra

Sicily, Italy
http://www.taramitrayoga.com/

Tara has been a practitioner of yoga for over 17 years, dedicating her life to the teachings of her teachers and the ancient texts that carry impenetrable richness to help others find peace and balance in daily life.

I believe that kindness and compassion are the key to healing our world.  I have known Kayoko for the last 7yrs and have witnessed her love and dedication to creating brighter futures for the women and children in rural Indian and, I am honored to stand with her and all YGB ambassadors to create a sense of self-worth and respect through empowerment.  Together we can make the world brighter.

Alexandra South

Dallas, Texas
http://www.connectingyoga.com

Alexandra South was first introduced to Yoga in 2001 and began teaching Yoga in 2006. She became certified to teach Ashtanga Vinyasa Yoga by Paul Dallaghan, Harmony Slater, Neil Barker and Jeff Lichty.  She is also certified to teach Prenatal Yoga, Postnatal Yoga, Restorative Yoga, and Yoga for the Pelvic Floor. She tailors her teachings to support people in time, place and circumstance, while also focusing on supporting women through life transitions. Alexandra practiced and taught Yoga in London (UK), Sydney (AUS), Los Angeles (CA), and now Dallas (TX). Throughout these times she’s been encouraged by the practice and by her teachers to deeply listen and to value her internal rhythms, adapting the practice as needed to cultivate balance. Yoga has continuously created a nest for healing and a place where she can unravel.

Her greatest teachers are her children, who constantly remind her of her forgotten self and that yoga is the connection to life.

Yoga Gives Back is an inspirational non-profit organization who has given me the opportunity to live Yoga off my mat and to transform my practice into action. I am continuously thankful to YGB for globally raising our awareness and being the bridge for us to help those in need. When mothers and children rise, we all rise.

Andrew Hillam

Encinitas, California
https://joisyoga.com/

Andrew has been practicing Ashtanga Yoga since 1994. During the last 20 years, Andrew has travelled to Mysore more than 20 times and traveled widely throughout South India. Apart from studying yoga at KPJAYI and now the Sharath Yoga Center, he continues to study Vedic chanting, Vedic philosophy, Sanskrit and Carnatic music with various teachers in Mysore and Bangalore.

“The richness that I have received in India has come from these teachers and their guidance but from my every  experiences with local people that I interact with on a daily basis. To me India always feels welcoming and like my home. I am very happy to do whatever I can to help YGB, as I know that they are directly helping and impacting the lives of so many in India, helping them to become self sufficient through their many programs. Whatever I can do pales in significance to what I have received.”

Ellen Watson

Big Sur, California
www.MovingVentures.org, and www.TheVibranceCollective.com

While living Ft Worth, Texas, Ellen first fell in love with Hatha Yoga in 1980, via VHS cassettes of Alan Finger leading actress Raquel Welch and other lovely women practicing in Bathing Suits!  Then, along came Jane Fonda’s Challenge workout. I realized that her ‘cool down’ was ‘fast paced asanas’. Soon afterward, I moved to California, and attended an early Bikram, Hot Yoga class in LA.

After arriving at Esalen Institute, Big Sur, CA, I began my deeper yoga journey, including study with Iyengar, and Patabhi Jois, Rodney Yee, and much time at The White Lotus Foundation with Ganga White and Tracey Rich.  While in trainings, I taught regular classes at Esalen, and began including yogic philosophy and asana practice in both my massage & bodywork programs, and in my SpiritDance classes.

Today, I am drawn to go to India – to Kerela, to Varanasi, to Rajastan, and to dip into Ma Ganga, to visit the SarasWati River. This trip is on my bucket list.

I support the work of Yoga Gives Back and appreciate the dedication of Kayoko, her team, Daphne, and countless other Yogis and Yoginis who have committed their professional lives to sharing the 8 limbs of yoga around our planet. I am especially drawn to supporting women and their children.  Help women and you help the entire system.

ジャンヌ・ヘイリーマン

ロサンゼルス、カリフォルニア州
https://jeanneheileman.com

MA, 500-ERYT, YACEP, の創設者。 タントラ・フロー・ヨガ™は、ダンサーや女優としてヨガに出会いました。脊柱管狭窄症による継続的な痛みに直面していた彼女にとって、ヨガは身体を再調整し、困難を受け入れるためのツールとなりました。ヨガが提供するすべてのものとの深く意味のあるつながりを求めて、彼女は広範囲に渡って学んできました。36年以上のヨガ学習と25年以上の指導経験を生かし、アーサナ、アーユルヴェーダ、プラナヤマ、瞑想、そしてエネルギーを育てることに焦点を当てたヨガスタイルを確立しました。アシュタンガ・ヨガ、アイアンガー・ヨガ、アヌサラ・ヨガ、パラ・ヨガ、ヴィニ・ヨガ、タントラ・ヨガを、それぞれの伝統を受け継ぐ多くのマスターのもとで幅広く学んできました。繊細さと寛大な精神、そしてユーモアをもって教えているジャンヌ。一人一人のニーズを見つけ出し、生徒が自分自身の優雅さとバランスを取れるように優しく導くことを得意としています。ロサンゼルスを拠点とするジャンヌは、ティーチャートレーニング、ワークショップ、マスタークラスなどで世界を飛び回っています。

カヨコとは何年も前からの知り合いで、インドの人々に向けた組織を作ろうとする彼女の意欲にとても感銘を受けていました。元ファンドレイザーとして、私は彼女のビジョンの一部になりたいと思いました。私は熱心な学生で、深い研究のために頻繁にインドを訪れていますが、インドの人々のニーズを目の当たりにし、小さな努力でも変化をもたらすことを知っています。私たちが資金や時間、才能を提供することで、豊かなエネルギーの輪が生まれ、それが継続的に流れていくことになります。私は、ヨガがすべての人に与える豊かさの一部になれることを光栄に思います。

ダニカ・リンチ

サンタクラリタ、カリフォルニア
https://danicalynch.com/

複数の専門分野からの引き出し ダニカ・リンチ 彼女は、古代のヒーリング哲学と現代のメンタルヘルス教育を実際に応用し、身体的、精神的、感情的、そしてスピリチュアルな健康をより深く感じられるよう、コミュニティを支援しています。ヨガ、マインドフルネス、瞑想、ソマティック・ウェルネス、トラウマを考慮した指導、アーユルヴェーダなど、さまざまなモダリティや資格を取得しています。 マインドフル・ブリス アーユルヴェーダ ダニカは、個人、グループ、コミュニティのそれぞれのニーズに合わせて、独自のプログラムをデザインしています。それぞれのプログラムは異なり、彼女の専門分野は常に進化していますが、ダニカの目標は常に同じです。それは、生徒たちが生まれながらにして持っている癒しのツールや知恵にアクセスしより強い帰属意識、目的、思いやりを持って自分自身やコミュニティに貢献できるようにすることです。

Julie Choi Trepkau

エンシニータス、カリフォルニア
http://www.juliechoitrepkau.com

Julie Choi Trepkau は、カリフォルニア州エンシニータスに住む教師であり、母親でもある。 ジュリーがヨガを教え始めたのは18年前。美術史、人類学、開発学の学部と大学院を卒業した後、ニューヨーク、ロンドン、香港でアートや企業のマーケティング・コミュニケーションの分野で働いていたが、思いがけずこの道に入ることになった。 1995年からヨガを学び、2000年からアシュタンガ・ヨガの練習を始めました。2008年には初めて母親になり、2003年にはヨガの先生、2013年には小学生の先生になる。 2006年にアシュタンガヨガを学ぶために初めてインドを訪れ、現在もヨガが生まれた地で学ぶために戻ってきている。 ジュリーは、この道で出会った先生方、生徒や求道者の仲間たちに感謝している。

「Yoga Gives Back は、先見性があり、効果的にミッションを遂行し、女性や子どもたちの日々の生活に真の変化をもたらしている、真に刺激的な組織です。 20年以上前、開発学を専攻していた私は、貧困の中で生きる女性の悲惨な問題を研究していましたが、女性が自分の知識やスキル、才能を活かして自分のビジネスを立ち上げることで、貧困を克服し、成功する方法を知りました。 マイクロファイナンスは、女性の人生を変えるような起業の機会を提供する強力な手段なのです。 癒しと成長の手段として長年ヨガを伝えてきたYGBとのコラボレーションは、私が長年情熱を傾けてきた活動と深く結びついています。 インドは世界にヨガという贈り物を与え、多くの人々の人生を変えてきました。女性のエンパワーメントに貢献し、それがコミュニティ全体のエンパワーメントにつながるという恩返しの機会を得られたことに興奮しています」。

 

Lisa Revelins

オーストラリア
https://www.healthywealthywild.org

Healthy Wealthy Wildのオーナーであるリサ・レベリンズは、15年前からアシュタンガ・ヨガの練習に励んできました。 ヨガプラクティショナー歴25年。全米ヨガアライアンスに登録し、最高レベルの5つ星認定を受けています。

リサはオーストラリア人で、西オーストラリア州の美しい自然に囲まれた海岸沿いの人里離れた農場で育ちました。 世界中を旅した経験があり、特に東洋の文化を愛しています。 彼女の人生経験から、共感を得て、強さとフィットネスのお手本となることができます。 彼女は、ヨガが人生の大なり小なりの課題に取り組むための強力なツールであると信じています。 心身ともに健康で強くあり続けるために、定期的にヨガの練習を続けること。ヨガ、友人や家族とのコミュニティを持つこと、そして感謝の気持ちを持つことが、幸せで、楽しく、愛に満ちた人生を送るための鍵となります。

アシュリー・リドー

ロサンゼルス、カリフォルニア州
ヨガワークス

アシュリー・リドーは、ロサンゼルスを拠点とし、500 E-RYTのヨガワークス認定ティーチャートレーナーであり、人生を愛し、大きな髪と大きな笑顔、そしてさらに大きな心を持つプロの笑い上戸である。アシュリーのクラスは、チャレンジングで遊び心のあるものです。アシュリーのクラスは、セラピー的なものから上級者向けのヴィンヤサフローまで、挑戦的で遊び心にあふれています。 また、NBA選手のジョーダン・ファーマーが主催するHoop Farmバスケットボールキャンプで4年間、7歳から16歳までの子供たちを対象にしたヨガインストラクターを務めた経験もあります。 彼女のクラスはすべて、身体的なものと哲学的なもののバランスがとれており、アライメント、呼吸、瞑想などの細部に至るまで、身体と心を解き放ってくれます。

"Yoga Gives Back のサイトで最初に目にしたのは、"India gave us the gift of yoga.あなたも100万人のヨギーに参加してみませんか?」というメッセージを見て、すぐに「はい、お受けします!」と思いました。 ヨガの実践は、私の人生をさまざまな形で豊かにしてくれましたし、他の多くの人たちも同じように恩恵を受けているのを目の当たりにしてきました。だからこそ、ヨガの発祥の地に恩返しをする組織を支援することは、ヨガの実践が私に与えてくれたすべてのものに感謝を示すための、ささやかな方法のひとつだと感じたのです。 そして、女性や子どもたちが持続可能な生活を送れるように力を与える活動は、その一部になれることを大変光栄に思いますし、嬉しく思います。"

 

ララランド

New York, USA
https://landyoga.com/

ララ・ランドは、ヨガの先生であり、スピリチュアル・コーチでもあります。20年にわたり、求道者が最高の目標と可能性を設定して達成し、その個人的な使命を世界の改善につなげられるよう導いてきました。世界中で、ヨガやマインドフルな生活を教え、癒しと力を与えるプログラムを開発してきました。2008年から2009年にかけては、ルワンダで3ヶ月間、被災者に癒しとしてのヨガを提供し、その後、インドではHIV陽性の子供たちの治療室にヨガと瞑想を提供しました。2011年6月には、ハーレムの中心部に、ヨガ、アート、ウェルネスセンターを併設したLand Yogaをオープンしました。2014年には非営利団体「Three and a Half Acres Yoga」を設立し、ヨガを通じたコミュニティの癒しと活動を促進しています。Laraは、フィットネスの多様性に焦点を当てたウェルネスフェスティバル「SOULFest Revolution」の創設者です。世界各地でリトリートを開催し、講演者、スピリチュアル・コーチ、ライターとして、Health Magazine、Apartment Therapy、Huffington Postなどに寄稿しています。現在、トラウマに基づいたヨガをテーマにした初の著書をシャブラ出版と共同で執筆中です。ララは、ウォール・ストリート・ジャーナル、デイリー・ニュース、Fox5、NY1、ヨガ・ジャーナル、ヘルス・マガジン、シリウスXmラジオ、ニューヨーク・マガジンなどで紹介されています。

I support YGB because when women are supported, the whole community rises.

 

カレナ・ヴァージニア

www.karenavirginia.com 米国、ニュージャージー州

カレナは、国際的に有名なヨガインストラクター、作家、スピリチュアル・メンター、スピーカーであり、彼女のオープンハートと優しい精神、そして親しみやすい教え方で知られています。ヨガジャーナル、サウンズトゥルー、マインド・ボディ・グリーン、ハフィントンポスト、そして彼女自身のブログなど、オンラインでの執筆活動を行っています。カレナは、多くのオンラインコース、ポッドキャスト、ウェルネスTVショーで紹介されています。共著の "Essential Kundalini Yoga "はamazonでベストセラーになっています。カレナは、家族が運営する非営利団体やさまざまな募金活動を通じて、世界中の子どもたちを支援するために自由な時間を費やしています。夫、娘、息子、そしてお姫様のような子犬のグレイシーと一緒に、ニューヨーク郊外に住んでいます。

 

カレナは、自分が子どもだった頃から子どもたちを助けたいという情熱を持っていました。彼女は、世界中の母親と子どもたちのために、平等を唱え、正義を貫く活動家です。 カレナは、Yoga gives back の一員であることにとても感謝しています。なぜなら、世界がこれまで以上に私たちのサポートやサービスを必要としていると感じているからです。また、世界が愛やそれ以上のもので一つになれば、天国が地上にやってくると知っています。私たちは変化をもたらす存在です。神は実行者であり、私たちの贈り物をすべての人と共有するように呼びかけています。

Cat Stuijt

Tru Dru Yoga UK/Wales

キャットは最初にBritish Wheel of Yogaでトレーニングを受け、その後DRU Yogaに出会い、8年間DRU Yogaのスクールでヨガ、瞑想、キッズ&ティーンヨガ、ヨガダンスのトレーニングを受けました。ティーンヨガへの情熱は、ティーンヨガ・ファウンデーションUKのディプロマコースへと続きました。 現在は、ウェールズのティーン・ヨガ・ファンデーションのアンバサダーを務めています。監禁期間中、彼女は気功師の資格を取得しました。気功は、彼女のヨガのブレンドを高める、美しくて優しい伴奏です。彼女は、自分自身のヨガの旅によって、ヨガがもたらす多くの贈り物を他の人にも提供したいと考えています。

DRUとTYFの素晴らしいヨガの専門家(今では真の友人)のもとでトレーニングを受けた特権を生かし、キャットは彼らのサポートを受けながら自分のスピリチュアルな道で成長し、学び続けている。ウェールズ出身のキャットは、ロンドンに定住し、すべての学業を終えました。現在は、北ウェールズのグウィネッドに戻っています。山と海の美しい風景の中で練習と指導を行っていますが、これは大都市の喧騒の後の啓示です。彼女が一番好きなのは、自然に囲まれた屋外で教えることです。

I was first introduced to YGB at the OM Yoga and was truly inspired. At the time I was unable to follow this up but now my life has changed and I am able to. The very thought that just 1 class would change a life is inspiration enough for me. When you have a lightbulb moment you know it’ll reflect and bring light to someone else in the world.

ヘザー・トンプソン

イギリス・スコットランド
www.yoga-bythesea.co.uk

ヘザーのヨガへの旅は、2017年に魂の探求のために行ったインドへのアーユルヴェーダの旅から戻ってきたときに始まりました。

インドに到着した彼女は、何年にもわたって子供を持つことができず、家族を持つこともできなかったために、絶望の中にいました。霊的に壊れた自分の体を恥じているように感じていました。リトリートは彼女に洞察力と光の輝きを与えました。ヘザーには、ミイラになること以上のものがありました。

ヘザーは、より多くのヨガの知識を得たいという深い飢えと、自分が何者であるかという大きな新しい感覚を持ってインドから帰国しました。彼女は2018年に200時間のシーズンヨガの講師としてトレーニングを受けました。彼女の教えは、季節のヨガ、気功、5つの要素の東洋医学システム(TCM)を取り入れています。

ヘザーは、自分の指導に喜びをもたらす思いやりのある先生であり、ヨガ、マインドフルネス、ムーブメントを通して、自分の美しさと真の自然を見つける手助けをすることを愛しています。

ヘザーはスコットランドのエディンバラ近郊のダンバーという小さな海岸沿いの町に夫と2人の子供たちと住んでいます。彼女は臨床リフレクソロジー、季節の陰ヨガのトレーニングを受けており、ヨガ全般に情熱を注いでいます。

ヨガの教えを通して、人生がいかに美しいものであるかに初めて気付いた時のことを、私はいつも覚えています。あの時、私の内なる光に火がついたのです。ヨガのシステムを作ってくれた人たちには、これからもずっと感謝しています。私たちは誰もが、人生において手を差し伸べてくれる人や何か、希望の光を与えてくれる人を必要としていると思います。

私はYoga Gives Back に出くわしたとき、チーム は、私たちのほとんどが想像もできないような、それぞれの物語や課題を持つ個々の女性のビデオを共有しています。私は、女性たちの顔にポジティブな変化と光があるのを見ました。それは瞬時に心に響くもので、私は支援をしたいという気持ちに駆られました。チーム とYoga Gives Back の支援者からは、誠実さと真心のこもった気遣いを感じました。コフィ・アナンが言うように、"女性が繁栄すれば、社会のすべてが恩恵を受ける"のです。 

Deepika Mehta

ディーピカ・メータ(インド 

Deepika Mehta is has been on the forefront of Yoga, fitness and wellness in India since 2001. Deepika is known for her motivational and inspirational style of teaching, believing that anyone can achieve what they want if they put their mind to it. She has had several television shows of her own like Yoga City on NDTV Good Times,Tata Sky Active Fit, Biggest Loser. She has been featured in various publications in India including Vogue,India Today,Elle Magazine etc.Been on the cover of India Today. She has given a Ted talk at the Un Headquarters in NYC. Because Deepika Used Yoga to heal herself from an accident she had several years ago,she believes deeply in the power of the healing process of the practice. Deepika Loves to incorporate dance into her teaching mix.

私がYGBをサポートしている理由は、私のアーサナやヨガの練習をマットを越えて、本当に必要としている人たちを助けるために、ささやかながら貢献したいと思っているからです。

 

ヴィクラム・ジート・シン

浪人生

ヴィクラムは2008年から北米の様々なモドで積極的に教えています。その間、彼は11,000時間以上の指導経験を積み、インドのマイソールにあるSharath Joisのもとでアシュタンガの勉強を続けてきました。ヨガ全般への情熱がアーユルヴェーダの勉強にもつながり、アーユルヴェーダのプラクティショナーとなっている。アーユルヴェーダのライフスタイルを強く支持するヴィクラムは、様々なワークショップやヨガティーチャートレーニングで知識と情熱を分かち合っている。ヴィクラムはModo YogaのYTTの講師として、ヨガの歴史と哲学を教えている。

インドで育ったヴィクラムは、インドの大多数の人々が暮らす貧しい状況を知らないわけではありません。彼は、将来はインドの農村部や発展途上国の女性のための教育と雇用にあると強く信じています。

私は、ヨガの教えやライフスタイルの知恵を分かち合うことで、誰かの人生に変化をもたらすことができるという理由から、ヨガインストラクターになることに情熱を注いでいます。私は自分の民族性と、ヨガの歴史と発展においてインドが果たしてきた役割をとても誇りに思っています。YGBは、私の情熱を生かし、感謝の気持ちを表現するための架け橋です。ヨガはアーサナだけではありません。無私の奉仕を提供するこの機会は、マットの外でヨガを生きるための素晴らしい方法です。

リンダ・キーズ

www.lindalovesyoga.co.uk
@lindalovesyoga

リンダは20年以上ヨガの練習をしていましたが、最近クラスに参加した経験豊富な先生からティーチャートレーニングを勧められました。そのようなことを考えたことはありませんでしたが、それは彼女の人生の中で重要な瞬間であり、この先にある明確な道の周りに他のすべてのことがうまくいくようになったのです。40歳の誕生日を目前にして、地元の季節のヨガクラスに参加したことで、人生に新たなレベルの調和を見出し、季節のヨガのトレーニングを開始した。季節のヨガは、ハタと伝統的な中国医学の知恵を融合させ、常に自然のサイクルと五つの要素に立ち返っています。

リンダの経歴はコミュニティアート、インクルージョン、ファシリテーションの分野にあり、その中で使われたスキルと資質は、ヨガの先生(および祝賀者)としての彼女の役割にも生かされている。リンダが優先しているのは、人々がありのままの自分で来ることを歓迎されるような、心を育み、感動的な空間を作ることです。彼女は、創造性と同様に、穏やかで親しみやすい儀式をクラスに取り入れることを愛している。

リンダは2018年に200時間TTを修了。それ以来、産前・産後のヨガのトレーニングを受け、現在は季節の陰のトレーニングを受けています。

私はクラスの最後に感謝の気持ちを伝えます。"ヨガのシステムに感謝し、今日一緒に練習できたことに感謝し、他にも喜びをもたらしてくれるものがあれば何でも感謝します。私は最初のクラスからこのようにしてきました。ヨガの実践から得られる恩恵や、教えることやスコットランドのヨガコミュニティの一員であることを痛感しています。また、私はまだインドを訪れたことがなく、ヨガの本場では多くの苦しみや貧困があることも知っています。私の人生に癒しと栄養とインスピレーションをもたらしてくれるヨガのシステムとその起源に敬意を表することは、私にとって非常に重要なことだと感じています。私はスコットランドの白人女性で、ヨガのシステムで生計を立てているという事実に謙虚さを感じています。

このシステムを作った国に恩返しをする機会は、まさに私のティーチャーとしての役割に欠けていたものです。私はフェミニストでもあり、特に歴史的にヨガコミュニティの一部では女性が粗末に扱われてきたことを認識しています。YGBは女性や子供たちが安心感を得て、自分の人生に力を感じられるようにサポートしています。 少し言い過ぎかもしれませんが、YGBのアンバサダーをしていることを知った今では、私の指導のすべてがより本物であり、つながりがあり、目的意識を持っていると感じています。

岡井真由子

ロスアンゼルス
mayukookai.com

マユコは、女性の食や体との関係を癒すためのサポートをする直観的な食事コーチです。以前は、臨床栄養士として医療関係の仕事をしていましたが、その後は管理職に就いていました。ヨガを学ぶ中で、キャリアパスのズレに気づくことが多くなりました。2017年、Mayukoは自分の真実を追うためにヘルスケアを離れました。現在、彼女はヨガの学びと"食べるためのヨガ"であると考えているIntuitive Eatingを統合しています。 2019年よりアシュタンガヨガの実践者となったMayukoさん。

As a receiver of India’s gift to the world, I am honored to be able to support Yoga Gives Back’s beautiful mission to support and empower women and children in India. As an ambassador, I hope to spread the awareness so that we can collectively give back to the country that has provided us this invaluable gift.

ラダ

アシュタンガヨガ バリ島(インドネシア

ラダがアシュタンガの練習を始めたのは1990年、カリフォルニア州マリブにあるペッパーダイン大学の2年生だった20歳の時。彼女はイエローページで「ヨガ」を検索した後、ヨガワークスのプライマリーシリーズのクラスに迷い込んだ。先生は有名なアシュタンジのチャック・ミラー。初日からこのような深い先生に出会えたことを、彼女は自分でもとても恵まれていると思っています。その最初のクラスの後、彼女はこのプラクティスが生涯に渡るものであり、彼女の旅の始まりであることを知った。

ラダは、インドのマイソールにあるチャック、K.パタビ・ジョイス、故マティ・エズラティ、リチャード・フリーマン、マンジュ・ジョイス、ティム・ミラー、デナ・キングスバーグ、アニー・ペース、ドーナ・ホレマン、ガブリエラ・ギビラロなどに師事した。

ラダはアシュタンガヨガを学ぶだけでなく、アーユルヴェーダの科学にも情熱を注いでいる。マヤ・ティワリ、アマデア・モーニングスター、ロサンゼルスのアメリカン・スクール・オブ・コンプリメンタリーで学び、夫のプレムはヴァサント・ラッド博士のもとで学んだアーユルヴェーダ医師である。

I want to see yoga available for all people everywhere, and particularly want to support other women and children, who deserve the same opportunities that I have been blessed to have in my life as yoga shaped my entire life.

Ximena Cortés

中国北京

2009年にアシュタンガヨガに出会う。 2014年、彼女はKPJAYIで学ぶためにマイズルに旅行し、毎年インドに戻って勉強を続けています。2016年にはアシュタンガヨガのプライマリーシリーズを、2019年にはインターミディエイトシリーズを教える祝福を受ける。

2015年にアシュタンガヨガの指導を始め、2016年には北京に移り、伝統的なアシュタンガヨガを教えるマイソールプログラムを始める。

ヨガジャーナルのイベントに参加したり、中国でワークショップやチャリティーイベントをいくつか開催し、数百人の生徒を指導する機会を得た。

Yoga and India have transformed my life. My asana practice helped improve my health, overcome my fears, develop self-confidence, healing a lot of wounds, made me question myself, ask for the first time What do I want? What makes me happy? Those questions made me make a lot of changes in my life, and finding the answers has been a beautiful although sometimes difficult journey.

Once I stepped in India for the first time I understood in a second why it is commonly referred as Mother India. Every time I am in India I volunteer and try to give a little bit of what it has given to me but it feels like it’s not enough. In 2019 I organized my first fundraising event for YGB #OneMillionYogis campaign in China, the response of the students was overwhelming. The students shared their gratitude for being part of the event, cultivating the spirit of love and being able to help others. I want to support YGB to keep cultivating that spirit, and to try to give back just a little bit of what Yoga and India have given me.

エリカ・トリス

エリカ・トリス 北方カリフォルニア

エリカのヨガの旅は30年以上前に始まり、過去20年間ヨガの先生とティーチャートレーナーとして活躍してきました。 エリカは、ヨガ、瞑想、気功、心理学など様々な分野のトレーニングを受けてきたクリエイティブでスキルの高い先生として多くの生徒に知られています。ヨガアライアンスE-RYT500認定講師。現在、北カリフォルニアのヨガワークスで教えている。

エリカは、困難な世界の中で強く思いやりのある自分を取り戻す方法として、日々のスピリチュアルな練習の重要性に情熱を注いでいます。 エリカは、個人の生き方をサポートするために、毎日の練習を含む生き方を開発するために他の人をサポートしています。

I was inspired by the mission of Yoga Gives Back to support the country that gave yoga to the world.  Having traveled in India many times and seeing first hand the poverty that most of the country lives with, I love YGB’s philosophy of supporting mothers and young women to develop businesses of their own so that they can take care of their families and their communities. One of my trips to India included a fund raising effort with some of the students who joined me there for a yoga retreat.  Once we were back in the US, we were able to raise enough funds to buy a school bus for some of the local schools.  The children no longer had to walk miles to school. It is so important to remember as yoga practitioners that service or Karma Yoga is an integral part of our yogic path.

アネット・ペッターソン

スタジオヨガヌ スウェーデン
Annette PetterssonはE-RYT 500で、2010年から教えています。デンマーク生まれですが、スウェーデン南部に30年ほど住んでいます。彼女はランスクローナにある小さなヨガスタジオのオーナーの一人です。
アネットにとって教えることは、呼吸、気づき、強さ、喜びを育む手助けをすること。彼女はヨガへの愛を分かち合うことに情熱を燃やしており、より多くの人に手を差し伸べるために、本物のアプローチで教えている。YGBアンバサダーのビルギッテ・クリステンさんを通じて、ロサンゼルスに住む妹のカヨコさんと知り合い、YGBの一員となり、子供たちや女性を支援するという使命を担うことを光栄に思っています。 彼女は将来インドに行って、ヨガの発祥の国を見たり、組織 に助けられた人々に会うことを楽しみにしている。

Chad Hamrin

チャド・ハーミンヨガ
カリフォルニア州ロサンゼルス

チャド・ハムリンは1970年代初頭からヨガを実践しており、アイアンガー、ヴィニヨガ、アシュタンガ、クンダリーニなどのヨガスタイルや武術を学んでいる。彼はヨガを38年間教え、空手の黒帯も持っています。ポラリティセラピー、レイキ、ジンシンドー、ディープティシューマッサージの経験を持つ熟練のボディワーカーです。彼の指導は、これらすべての要素を組み合わせたもので、結果として、身体、流れ、マインドフルネス、呼吸についての調査的な意識を強調したスタイルとなり、生徒を自然と深い洞察力に満ちた実践へと導いています。

 

 

ゴピ・オナ・アリ

カリフォルニア州ロングビーチ

ゴピ・オナ・アリは4歳の時にガンジス川の聖なる水を授かり、それ以来クリシュナと親しく歩み、二人目の誕生の地で一緒に遊んだ子供たちのために特別な場所を持っています。

現在、ゴピ・オナ=アリは、カリフォルニア州ロングビーチを拠点にヨギーニ、アーティスト、作家、講師、教師として活動しており、意図的なコミュニティを運営する4人の女性の一人である。彼女はバガヴァッド・ギータのヨガを師であるスリ・ドナートから学び、現在進行中の研究と指導の焦点となっている。 ゴピ・オナ=アリは、クリシュナマチャリヤ系のスリヴァツァ・ラマスワミの弟子であり、伝統的なヴィンヤサ・クラマ・アーサナのスタイルをプラナヤマとチャンティングを用いて教えている。  

"Yoga Gives Back と一緒に仕事ができることを光栄に思います。ヨガがいかに彼女の人生を形作ってきたか、特に彼女の大切にしているインドの女性や子供たちに直接機会を提供することに感謝の気持ちを伝えるお手伝いができます。世界中のヨガの先生方に、ヨガが私たちに与えてくれたすべてのものに感謝の気持ちを伝える機会を提供するという、三本松佳代子さんの献身的な姿勢に感銘を受けています。

ディーパ・ケメリー

ロサンゼルス、カリフォルニア州

Deepaのヨガはバンガロールのビハール流ヨガスタイルで始まりました。現在はロサンゼルスに在住し、CSUNやウッドランズヒルズの地元スタジオ、地元のインド人コミュニティで教えています。 ディープラにとってヨガは生き方の一つであり、プラガティヨガのクラスを通してそれを分かち合っています。

"ヨガは行動の卓越性です。"Yogah Karmasu kausalam"です。私にとってyogagivesback はカルマヨガです。素晴らしい大義に向かって献身的に素晴らしい仕事をしているヨガの先生たちのグループを見つけたとき、私はそれ以上のことは考えていませんでした。10代の頃から頭の中にあったアイデアが実行に移されるのを目の当たりにしました。この家族の一員であることを光栄に思います。

 

ダムラーラさやか

東京、日本
https://smart.reservestock.jp/menu/profile/18444  (Japanese only)
https://www.instagram.com/dambarabanda/

さやかちゃんが10歳の時、母親からヨガを紹介される。ヨガインストラクターになる前は、ヨガ、アーユルヴェーダ、アロマテラピー、栄養学を学ぶ。

子どもの発達にヨガを取り入れることで、子どもたちの反応が前向きになり、協力することを受け入れるようになり、コミュニケーションがより効果的になることを発見しました。保育園や小学校でもヨガの指導を行っている。

日本は経済的にうまくいっているとはいえ、未成年者の自殺率は高く、不登校率は年々上昇しています。さやかさんは、子どもたちに「生まれてくることは世界で一番素晴らしいことだ」ということを教えてあげたいと思っています。彼女は、日本中の学校にヨガを導入することに力を入れている。

"昨年、ボランティアでネパールに行き、極度の貧困の中で生活しているにもかかわらず、子どもたちが前向きに生きようとしている姿に感銘を受けました。世界には助けを必要としている子どもたちがたくさんいると思いました。しかし、何かしたいと思っても、何をすればいいのかわからない。そんな時、YGBの国際ヨガデーキャンペーンのことを知り、YGB創設者の佳代子さんに声をかけて応援をお願いしました。このような素晴らしい活動に参加できたことをとても嬉しく思います。

 

ランダチェーハブ

インド・ケルラ

ランダチェーハブ は1987年にスミスカレッジで初めてハタ・ヨガのクラスを紹介された。アシュタンガヨガに出会ったのは1999年。 ランダはプリヤヨガのジョディ・ブルムスタイン、ナンシー・ギルゴフ、ティム・ミラーの長年の生徒であるスージー・ギルに師事している。

年9月、ランダはダウン・トゥ・アースをオープンし、ティム・ミラーのもとで学び続けました。 ランダは2006年12月に初めてインドを訪れ、コバラムでリノ・ミーレのもとで学び、ゴクラムのスリK.パタビ・ジョイスを紹介してもらいました。 その冬の後、ランダはリノ・ミーレのもとで学び続け、ヴィンヤサのシステムをより深く理解するようになりました。

"私は今、グローバルヘルスの修士号を取得しています。アシュタンガ・ヴィンヤサ・ヨガを学び、リノ・ミーレ先生のお手伝いをしています。最近、YGBが提携している西ベンガルの団体を紹介してもらいました。YGBのミッションは、社会から疎外されたコミュニティに奉仕する私の仕事と一致しています。2030年までに国連の持続可能な開発目標の2つである「ジェンダー平等」と「平和と正義」に向けて、YGBは活動しています。これらの目標を達成するためには、加速的な取り組みが切実に必要とされているため、グローバルなチームの一員になれることを光栄に思います。

レベッカ・ワトソン

レベッカ・ワトソン(ロサンゼルス
IG.@begoodkarma

ヨガがレベッカに出会ったのは2003年、寒い元旦の日にホットヨガスタジオに偶然入ったのがきっかけでした。最初の90分を過ごした後、彼女は自分の人生にもっとヨガが必要だと感じました。その後3年間、様々なスタイルを試しながら過ごし、最終的にヴィンヤサの練習を共有するように召された。

レベッカは、その教えの中で精神的な面と肉体的な面を結びつけてくれる先生方に出会えたことを自分自身が恵まれていると考えています。2006年、シヴァ・レアのプラーナ・ヴィンヤサ・フロー・ヨガの200時間認定を取得。ヴィンヤサは、伝統にしっかりと根付いていながらも、どんな瞬間でも自由になれるという彼女の本質に直接語りかけてきました。レベッカは多くの偉大なシニアの先生方のもとで学び、彼女の個人的なプラクティスは、スリ・ダルマ・ミットラの古典的なハタ・ラジャ・ヨガに大きく影響を受けています。

レベッカは指導を通して、これらの実践が彼女に与えてくれた知恵と平和を伝えたいと願っています。彼女はすべての生徒に、自分の内なる師を見つけ、その内なる師を信頼し、尊敬と配慮をもって従うことを奨励しています。どなたでもこの旅への参加を歓迎します。

追加教育。

  • ロケットヨガ
    - アウェイクニングヨガ・イマージョン
    - 200時間のRYTは、ヴィンヤサを愛して取得します。

ブリタニー・ビジャン

ブリタニー・ビジャンカリフォルニア州ソノマ

ブリタニー・ビジャンは、夫と4人の子供たちと一緒にカリフォルニア州ソノマに住んでいます。ヨガは長い間、ブリタニーの大好物でした。ヨガのアーサナからは長い間離れていたが、ヨガの哲学とヨガの真の意味を常に持ち続けてきた。ブリタニーはヨガをもっと深く知りたいと思い、ヨガワークスの200時間のティーチャートレーニングプログラムを修了。彼女は教えることに深く恋をした。彼女は自分の教える役割を心に留めており、生徒たちに呼吸をする機会を与え、ポーズをとり、本当に自分の体の中にいることができるようにすることは、決して当たり前のことではありません。この秋から始まるヨガワークスの300時間の追加トレーニングに申し込んだほど、教師としての自分の役割と生徒のために献身的に取り組んでいる。ブリタニーは永遠の生徒になりたいと思っています。彼女はヨガの美しい練習にとても感謝しています。彼女はヨガへの恩義を感じており、できる限りの恩返しをしたいと思っている。

YGBのことを知ったのは、私の素晴らしい先生であり、指導者でもあるサラ・エズリンからでした。私はすぐにYGBの使命に感銘を受け、私が幸運にも参加できるこの素晴らしい使命のために意識を高め、資金を集めるためにできる限りのことをしたいと思いました。私はこの素晴らしい組織に自分の練習を捧げています。このミッションの一部になれることをとても光栄に思っています。ありがとうございます。

ヤンシー・スコット・シュワルツ

ヤンシー・スコット・シュワルツ(ロサンゼルス
ヤンシーヨガ

ヤンシーは2005年、ドミニカ共和国でのスケートツアー中に初めてヨガのクラスを受けた。最初にヨガを始めたのは、スケートをしている時に体が軽くなったと感じたから。2008年には、ニューヨーク市のYoga to the Peopleから200時間のヴィンヤサの認定を受ける。また、26のホットポーズのトレーニングと指導も行っている。2013年にはダルマヨガセンターの500時間の認定資格とアスタヨガの50時間のロケットヴィンヤサの認定資格を取得。 生徒たちが肉体と精神を超えて進化し、自然のリズムに同調し、第六感を発達させる手助けをしたいと考えている。

"ヨガは心を静寂の中に落ち着かせることです。そして、見る者はそれ自身の真の姿に宿るのである。"1.2-3 パタンジャリ

"ヨガがインドから世界への贈り物であるならば、私たちの贈り物の源を支援し、栄養を与え、サポートするのは当然のことです"

メリサンデ・ターピン

カナダ、ケベック州モントロンブラン
http://www.karmashala.ca/

アシュタンガ・ヴィンヤサでトレーニング。ヨガ。インドのクランティヨガ、エリン・エヴァンスとのアドバンスドヨガティーチャートレーニング、サーカサナとのエアリアルヨガTT、キノ・マクレガー、ブライアン・ミラー、ダルナ・ニトラ、ショーン・クローンとの多くのワークショップを経て、メリサンデはカルマ・シャラヨガを所有している。メリサンデは、ヨガをより多くの人と共有し、自分が受けた変容効果を共有することが自分のダルマであると信じている。彼女の目標は、彼女の先生方が彼女を鼓舞したのと同じように、他の人にも自分自身を信じるように鼓舞することです。

"私がYGBを支援しているのは、今日の私たちの生活を豊かにする実践をもたらしてくれた祖国に恩返しをしたいと思っているからです。インドを旅し、多くの人が毎日直面している貧困、不正、残酷な世界を目の当たりにしてきた私の経験を作品にするのは難しいことです。私の希望は、私が生まれた時に恵まれていたこの素晴らしい人生を、私と同じ特権を受けていない人々を助けるために使うことができることです。

マーク・ホルツマン

マルク・ホルツマン

深い変化の先駆者として、マークは自身の人生の大半をこの大きな謎を解明することに捧げてきました。熱心な真実の探求者であり、遊び心のあるリスクテイカーでもあるマークは、生きる術を磨き、生徒たちにも同じように力を与えることに情熱を注いでいます。

マークはアーユルヴェーダの認定プラクティショナーであり、ハタヨガと瞑想を教えて18年以上の経験を持つアムリット・ヨガ・ニドラのティーチャーでもあります。現在はロサンゼルスとパリに住んでおり、世界中で教えるワークショップ、ティーチャートレーニング、リトリートなどをより身近に感じられるようにしています。また、彼の多くのクラスは以下のサイトで配信されています。 ヨガグロドットコム.彼の代表的なアーユルヴェーダ健康コーチングプログラム。 進化の習慣は、2012年から生徒たちのウェルネスの道を加速させています。2007年、マルクは、あらゆる経済状況の生徒たちにヨガの楽しさを体験してもらうために、寄付をベースとしたコミュニティクラス、ゲリラヨギを設立しました。ゲリラヨギは、パリでは今もなお、大きな勢いで成長を続けています。マークは、最高の教え方とは、模範となることだと固く信じており、誠実さと優しさを持って生きることを目指しています。

私は Yoga Gives Back単なる気前の良さからではなく、特権階級に生まれた者として、私たちの中で最も貧しい人々の面倒を見ることが義務であり、責任だからです。インドはヨガの祖国であり、ヨガは私の人生を向上させ、私の人生を救ってくれた贈り物です。 私の感謝の気持ちは計り知れません。 Yoga Gives Backインドの貧困を緩和するための意識と資金を高めることに専念しています。 もしあなたが人生の中でヨガの豊かさを楽しんでいるなら、私と一緒に感謝の気持ちを行動に移してみませんか?

"...我々は特権階級であり、特権階級の義務は絶対的な誠実さである。"~ ジョン・オドノヒュー

 

 

Jocelyn Solomon

ジョセリンソロモンヨガ
カリフォルニア州サンタモニカ

ジョセリンは、ヨガワークスの500 RYTであり、200時間と300時間のヨガワークス・ティーチャートレーニングのリードティーチャートレーナーであり、ロサンゼルスのウエストサイドにあるヨガワークスとエクイノックスでパブリッククラスを教えています。また、ジョセリンは22年間の自身の回復と健康のコーチでもあります。

ヨガを教える前、ジョセリンは母親になるまで何年も刑事・公民権の裁判を担当していました。ジョセリンは、クライアントと同じように、情熱、意欲、コミットメントを生徒たちにもたらしています。ジョセリンは、クライアントの身体的自由のために闘うことを、生徒たちがヨガに求める解放と自由と同じものと同一視することが大好きです。誰にでもストーリーがあることを理解し、ジョセリンのクラスは、強く厳しいものではあるが、歓迎され、愛に満ちたものであり、すべての人が自分自身の完璧な体験を創造し、創造する場となっている。

"私はYoga Gives Back の使命を心から支持しています。ヨガの練習は、私の人生で何度も経験してきました。だからこそ、文字通り私や多くの生徒さんにとって人生の救世主となってきたヨガの練習を、祖国の女性や子供たちに還元することは、とても理にかなっています。奉仕と慈善活動は、私と私の家族の中心的な価値観であり、YBGの一員になれたことに興奮しています。

 

 

ダニエル・テイラー

ダニエルは、ヨガと自分自身、そして奉仕の力を見出し、今日のヨガの世界で良いことのすべてを例示しています。

Vinyasa E-RYT 200、Alignment RYT 500、Restorative Level 1認定、Yoga Gives Back 国際アンバサダー。コロラドで生まれ育ったダニエル・テイラーは、レジスタンスストレングストレーニングとヨガアサナ/ポーズの幅広い経験を持っています。ダニエル・テイラーは3年間で1500以上のスタジオクラスを指導し、キャリアを積んだヨガ教師として複数のヨガメソッドに急速に没頭している。

"Yoga Gives Back は、世界中のコミュニティをつなぐ美しい能力を提供する組織です。私はシングルマザーと一緒にアメリカのコミュニティセンターで育った経験があるので、同じように苦労している人たちの中でより悪い状況にある人たちにお返しをする機会を得られたことは、世界にとって大きな意味があります。ノーベル平和賞受賞者と一緒に、困っている女性や子供たちのための支援を合理化してくれるYoga Gives Backの能力に感謝しています。 ムハマド・ユヌス博士‘ しきん 発展していく。多くの暗闇の中で 明るい光となるために 何か前向きな変化を起こすには 素晴らしい時間です"

エリカ・モートン・マギル

エリカ・モートン・マギルは ロサンゼルスヨガクラブ とロサンゼルスのダウンタウンにあるアーダー・アポセカリーを経営しています。彼女は10代の頃からヨガを練習しており、その練習が大人になってからの彼女の人生を縫い合わせる糸となっている。カリフォルニア大学バークレー校で医療人類学の社会科学者としての訓練を受け、ヨガと社会正義の交差点で10年以上を過ごし、サンフランシスコのベイエリアで監禁されている10代の少女たちにヨガ、マインドフルネス、瞑想、執筆、アートを教えてきた。また、神経科学者、アーティスト、教師、活動家とのコラボレーションにより、刑務所や学校でヨガを教えるための広範なカリキュラムを作成している。彼女はジョニー・スミス、パラマグルR.シャラート・ジョイス、そして彼の母サラスワティ・ジョイスから学び、学び続けるという大きな特権を得ている。

"インドの女性と子供たちを高揚させる組織Yoga Gives Back を支援することは、私の仲間の人間に奉仕し、人類を大切にするためのシンプルで心のこもった方法です。教育は革命の一形態であり、権限を与えられた教育を受けた女性は、自分自身のためだけでなく、地域社会のためにも変化をもたらすことができる女性であると信じています。私自身の人生と道を深く意味のある方法で照らしてくれたインドとその人々に恩返しをしながら、YGBをサポートできることを光栄に思います。

マシュー・ロンバルド

ニューヨーク、ニューヨーク

マットはニューヨークで16年間ヨガを教えており、Pure Yogaティーチャートレーニングのファシリテーターであり、定期的にツアーを行い、N.Y. Times、Harpers、Haute Livingにも取り上げられています。彼のクラスは、細部へのこだわり、ワールドクラスのアシスト、そして不条理なユーモアで知られています。彼はインスタグラムで@yoga_and_swellnessを見つけることができます。

"正当なスピリチュアルな道では、消費者から生産者への進化があります。Yoga Gives Back は、12年前のヨガ教室でのアイデアとして始まったことが大好きです。とても大きくて効果的で思いやりのあることは、謙虚な始まりから起こる可能性があります。プラクティショナーとして、またティーチャーとして、私は自分の朝食の写真やビーチでのスプリットの写真を共有するよりも、他の人の生活の質に変化をもたらすことにはるかに興味があります。私は、私のプラットフォームと仕事上の関係を利用して、Yoga Gives Back の成功に貢献できることにワクワクしています。

Dena Kingsberg

バイロンベイ、オーストラリア
https://www.dena.net.au/dena-jack/

デナはアシュタンガヨガの熱心な実践者であり、故スリ・K・パタバヒ・ジョイス氏の上級生でもある。30年間の揺るぎない練習で、アシュタンガヨガの最高の資格を持っている。デナと夫のジャックは、2人の子供ゾリとアイザックと一緒にグーネンゲリーの丘に住んでいます。

彼らは国際的にもバイロンベイのシンプルなシャラからも教えています。

人生は充実していて甘い。

サラ・ウィリアムズ

イギリス・ブライトン
サラ・ウィリアムズヨガ

サラはヨガの先生であり、ミュージシャンであり、作家でもある。永遠に感謝の気持ちを忘れない生徒である彼女は、自己探求と身体と心の気づきを促す、マインドフル・アライメントをベースとしたヴィンヤサフローのスタイルを教えている。サラは、動きと静けさの利点を伝えることに情熱を注いでいます。主な指導者はジェイソン・クランデルで、彼女は上級者向けのトレーニングのアシスタントをしています。サラは、生徒や教師のためのクラス、ワークショップ、英国および国際的なリトリートを教えています。

"私は、Yoga Gives Back のアンバサダーを務め、女性に小口融資をしたり、子供たちに必要な教育資金を提供するというビジョンを持ったコミュニティの一員であることをとても誇りに思っています。 生徒たちが自分たちの練習を超えて、ヨガを通してこの素晴らしい組織のために必要な資金を集めてくれることを光栄に思っています。

ジル・シンプソン

英国
エブ&フローヨガ 

ジルはイギリスのサリー州にある小さなヨガスタジオ、Ebb&Flowのマネージングディレクターです。 彼女自身はヨガインストラクターではありませんが、娘のケイティ(ヨガインストラクター)とジュリー(現YGBのアンバサダー・オブ・ザ・イヤー)と一緒にビジネスを成長させています。

彼女はこれまでにホテル、企業のイベント会社、アートギャラリーなど多くのビジネスを経営してきました。 ジルは、自分のスタジオでヨガのクラスに参加したり、パートナーである町の様々な小売企業のお店でヨガが教えられているヨガコミュニティと一緒に活動し、YGBに寄付をすることができることをとても誇りに思っています。 ヨギーたちは皆、この素晴らしいチャリティーの話を聞くのが大好きで、ヨガを楽しむ過程で多くの女性やその子供たちを助けていることを知って、本当にやりがいを感じています。

"YGB アンバサダーのジュリー(ユー・クリスティン)からこのチャリティーについて聞いたとき、私はすぐにこのチャリティーにつながりました。私たちが力になれることはわかっていました。

エリナ・リム=サンドゥレスク

ニュージーランド、クイーンズタウン
自然に来る

エリナは、認定ヨガ&マインドフルネスファシリテーター、シンガポール出身のウェルネス戦士で、2016年からニュージーランドに住んでいます。シンガポールで女性としてワールドクラスの教育を受け、世界を旅しながら仕事ができることに感謝しています。彼女は、Yoga GIves Back の活動が貧困を軽減し、インドの母娘に教育を受け、経済的に自立する機会を与えるために不可欠であると信じています。エリナは2014年にYGBのKayokoと初めて出会い、シンガポールとプエルトリコでのYGB募金活動の開催を手伝ってきました。

"私はYGBに刺激を受け、教育とマイクロファイナンスを通じて、他の人の役に立つこと、そして受け手に完全に利益をもたらすと信じている持続可能なプログラムを通じて恩返しをしたいと思っています。YGBチームの一員であることに感謝し、このミッションをニュージーランドの素晴らしいコミュニティと共有できることを楽しみにしています。“

ヴィヴィカ・シュヴァルツ

ロサンゼルス、カリフォルニア州
ヴィヴィカ・シュワルツ

ヴィヴィカ・シュワルツは16年間ヨガを教えています。マティ・エズラティとチャック・ミラーに師事し、アニー・カーペンターに弟子入り。現在、ヨーガワークスで200hティーチャートレーニングを指導し、300hメンタープログラムのメンターの一人でもある。彼女の栄養価の高い人格は、内なる開放と拡大の結果としてポーズを展開させることを生徒たちに促している。 魂のこもった内省的な旅を通して生徒たちを指導している。ヴィヴィカは、アーユルヴェーダウェルネスカウンセラーの資格を持ち、エッセンシャルオイルの専門家でもあります。
"私がYGBを支援しているのは、寄付金がインドの個人に直接的な効果をもたらすのを目にすることができるからです。自分の小さな世界の器を超えて、自分が持っている特権を享受していない他の人たちを支援することは、私にとって重要なことなのです。YGBは、恵まれない女性に力を与える非営利団体であり、その目標を支援することは正しく、必要なことだと感じています。"

 

滝島真紀子

ボストンと日本
YOGA MAITRI

大学では認知心理学を専攻し、心と体のつながりに興味を持つ。ヨガを始めてから、心と体のつながりを感じるようになったという。現在はヨガを実践し、ヨガが自分の生活の一部になっていることを伝えている。2014年に日本の東京で200時間のヨガティーチャートレーニングを修了し、2018年にはアメリカのボストンでもヨガを学びました。また、ブリスベビーヨガの認定を受け、産前産後ヨガの指導も行っている。

ヨガはすべての人のためにある」という信念のもと、基本的なハタヨガはもちろんのこと、産前ヨガ、ベビー&ミーヨガ、キッズヨガ、チェアヨガなどのクラスを指導している。様々なステージで日常生活にヨガを取り入れ、より良いものになるようサポートすることを目指している。

"インドのニューデリーに住んでいた時、モディ首相からヨガの可能性を感じました。モディ首相から『ヨガは生き方であり、人々の心を一つにするのに役立つ』という話を聞きました。私の経験上、日本、シンガポール、インド、アメリカでは、ヨガやヨガコミュニティにたくさん助けられてきました。今後はヨガインストラクターとして、ヨガとインドに貢献していきたいと思います。"

エリザベッタ・リッチ

メキシコ出身、イタリアの血を引く彼女は、ロンドンで過ごした長年の経験、ダンスへの情熱、そして陽気で温かい性格が融合した、エネルギーにあふれた小さなパワーハウスです。彼女は内省的な性格で、細かいところにまで気を配ることで、すべてのことを大切にしていることが伝わってきます。

彼女を知る一番の方法は、トスカーナの田園地帯の中心部にあるオリーブの木に囲まれた小さな納屋を改装したヨガ&ピラティススタジオを訪れることです。

シルク・デュ・フィジークでは、呼吸が深くなり、視線が集中し、自然の静けさの中でゆっくりと頭の中のおしゃべりが解消されていきます。ここでは、生徒たちは一歩一歩、自分自身の真の存在を探求しながら、自分自身の練習を完成させることができます。シルク・デュ・フィジークでは、葉っぱの間から風の音に耳を傾け、自然の中のあらゆる要素をつなぐ深い調和に気付き、美しさによって自分自身を回復させる時間があります。シルク・デュ・フィジークは、誰もが自分のペースで、自分の練習に専念できる場所として考案されました。エリザベッタは登録ヨガインストラクターです。また、アシュタンガ・ヴィンヤサ・ヨガ、ロケット、スターク・ボディ・フライング、ポスチュラル・ピラティス・メソッドのインストラクターでもあります。

"私がYoga Gives Back に惚れ込んだのは、シルク・デュ・フィジークが目指しているのと同じ精神でポジティブなエネルギーを広めることができるからです。これは、困っている人に手を差し伸べることではありません。人と人との健全な関係や、ヨガが私たちの生活にもたらしてくれた美しさに感謝のネットワークがあるのです。愛を広めずにはいられない家庭のように、見返りを求めずに光を与え、暖かさを広めずにはいられない太陽のように。

アダム・ホッケ

イギリス、ロンドン。
アダム・ホッケ ヨガ

ヴィンヤサフローと修復的ヨガのユニークなブレンドを通して、解剖学的に正確で、強く、親しみやすいクラスを提供し、身体と心を目覚めさせ、新たに生まれ変わらせる。彼のポッドキャストは135カ国で聴かれており、ストリーミングビデオクラスはMovement for Modern Lifeで視聴可能。アダムは、ハフィントンポストやオムヨガ&ライフスタイルマガジンの定期的な寄稿者でもあります。ティーチャートレーニング、インテンシヴ、カンファレンスセッションをリードし、次世代のヨガプラクティショナーや教育者を育成し、インスピレーションを与えている。

中口グミ

京都、日本
2006年より毎年インドを訪れ、インドのバラナシでインド古典音楽とバンズリーを学び始める。彼は、アジェイ・プラサナ氏とカルロス・ゲラ氏にバンズリを師事しました。また、声楽家のデヴァシシュ・デイ氏やシタール奏者のダルヴァナート・ミシュラ氏にも師事しています。様々なクラシック音楽家とバンズリを練習することで、演奏の幅を広げている。
"日本国民である私は、他の人と同じように教育を受けてきました。しかし、インドや世界の一部の地域の貧困の現実に本当に衝撃を受けました。私は幸運にも夢と希望を胸に成長することができました。教育を受けられなかったり、若くして結婚を余儀なくされたりしている若者たちのために、私は支援をしたいと思っています。私はミュージシャンですが、Yoga Gives Back.愛と至福"

ウェンディ・ワイビル

(香港)

ウェンディはカナダのウィスラー出身ですが、長年アメリカに住んで教えていました。2006年より香港に在住。彼女のクラスはすべてのヨガの先生から影響を受けていますが、彼女の人生からもインスピレーションを受けています。癒しと創造的な自己表現をしながら、自分の内なる叡智に耳を傾けることに重点を置いた高揚感のあるクラスを教えている。教師として、彼女は生徒たちに真実を実践し、マットの上でもマットの外でも自分のヨガを生きていくことを促している。

アヌサラ、ビクラム、バティスト・ヴィンヤサ・パワーヨガ、クンダリーニ、フォレストヨガ、陰ヨガ、インドのアシュラムでのハタヨガなど、多くのユニークなトレーニングを受けている。ウェンディは、YGBのサポーターでもあります。自分の生活の中にヨガがあることをとても感謝しており、その源に戻り、ヨガを必要としている人たちに感謝とサポートを与えることが大好きです。

エレナ・ブラウワー

" Yoga Gives Back インドの姉妹たちに具体的で貴重な支援を提供する直接的な方法を私たちに与えてくれます。最終的に枯渇する資金を彼らに与えるのではなく、 Yoga Gives Back 彼らの創造的なビジョンを刺激し、奨励し、彼らが彼らのアイデアで自分の家や家族を維持するビジネスウーマンになることを可能にします。と Yoga Gives Back 奉仕した女性たちは、私たちの社会と同じチャンスを持っています。

キアミラー

ロサンゼルス、カリフォルニア州

西洋で最も有名なクンダリーニの先生の一人であるキアは、クンダリーニヨガの微妙な教えを非常にわかりやすい方法で翻訳する能力を持っています。彼女がヨガを学び始めたのは15歳の時でした。ハタとクンダリーニの両方の資格を持ち、世界中でワークショップ、リトリート、ティーチャートレーニングを教えている。キアの情熱は、バクティを取り入れたクンダリーニの伝統を伝えることです。キアのクラスは、アーサナ、呼吸、瞑想、チャンティングを組み合わせたパワフルなもので、あなたの心を高揚させ、力を与えてくれます。

"私はYGBを支援しています。なぜなら、YGBは自分の生活を立て直し、家族を支え、地域社会で雇用を創出することができる責任ある女性の手に資金を提供しているからです。私はマイコローンの大ファンであり、少しの資金が持続可能なビジネスを生み出すための長い道のりを歩むことができることを見てきました。女性が自分たちの生活に責任を持ち、良い生活を送り、子供たち、特に若くして結婚していない娘たちのために教育を提供することは、女性にとって大きな力を与えてくれます。

LARUGA GLASER

スウェーデン

"ヨガの練習は生命線でした。ヨガの練習が目覚めさせてくれる開放感を味わった瞬間、後戻りはできませんでした。それ以来、私は今までと同じではなく、インドを背景に私の前にやってきた先生方や志士たちの膨大な血統への深い感謝の気持ちで、内なる広がりが満たされています。共に歩むことは、私にエネルギーと目的を与えてくれYoga Gives Back ます。マイクロファイナンスを通じて、女性とその家族の生活をより良くするためのリソースを提供することは、ヨガの伝統がそうであったように、何世代にもわたって受け継がれていく炎を灯すことになります。私が少しでもお役に立てることを光栄に思っています。

マーク・ロバーズ

(オーストラリア)

「私の人生はヨガの贈り物によって祝福され、インドは、地球全体のあらゆる人生の歩みからすべての人々の生活を高める可能性を秘めているこの豊富な知識の源です。私たちがヨガの旅に参加するとき、私たち自身の思いやりの心の自然で自発的な開口部があり、私たちは兄弟姉妹、父親と母親、特に私たちよりも恵まれない人々を助けたいと思っています。だからこそ、私はYGBの大使であることを誇りに思っています。私のヨガへの愛を他の人と分かち合うと同時に、母インドで困っている人々に恩返しをすることができることは最大の名誉です。次回のYGBイベントでお会いできることを願っています。"

ジョアン・ハーマン

ロサンゼルス、カリフォルニア州

キノ・マクレガー

フロリダ州ミアミ

"Yoga Gives Back は単なる慈善事業ではなく、農村部の女性や家族の起業家精神を育んでいます。世界を養うことはできないが、魚の釣り方やパンの作り方を教えれば、生涯にわたって自分たちで食べていけるという公理がYoga Gives Back で働いています。YGBの融資を受けた人たちは、一生懸命働いた分だけ報われ、成功するチャンスを与えられ、自分たちが生まれながらにしてきた容赦ない貧困のサイクルを断ち切る方法を見つけることができます。ヨガは、西洋人が平和を見つけ、より持続可能な生活を送るための手助けをしてくれます。マイクロファイナンスの力で、Yoga Gives Back はインドの女性が、そうでなければ存在しないであろう機会にアクセスできるように支援しています。

チャズラス

"カリフォルニア州フレズノにある女性ばかりのヨガスタジオ、シスターズ・ヨガの創設者であり、元オーナーでもある私にとって、YGBチームに参加することは自然なことのように思えました。シスターズ・ヨガを設立した時の私の目的は、あらゆる年齢層の女性のスピリッツがコミュニティの中で一緒に集まり、自尊心の庭を手入れし、ヨガの自己発見と強さを構築するプラクティスを通して自分自身に力を与えることができるスペースを作ることでした。シスターフッドには神聖な力があり、その力はあらゆる年齢、背景、経済的地位のシスターの中で感じられます。私たちはヨガの練習を通して、根深いつながりを感じています。私が教えてきた7年間、そして17年間練習してきた間、私は私たち全員の中でとても明るく輝いている光に気づかされ続けています。同じように、何千マイルも離れた場所で苦しんでいる人がいれば、私も苦しむことになります。しかし、もし私がここLAで、例えばインドの姉妹たちのために意識を高め、お金を集めることで貢献し、変化をもたらすことができれば、LAの意識が高まり、私たちも同じように恩恵を受けることができるのです。すべての女性は、神から与えられたハーモニックな潜在能力に到達するためのチャンスを得るに値するのです。YGBはインドの女性たちに、心の中にある起業家としての憧れの庭の手入れをする機会を提供しているので、YGBチームの一員になれたことを光栄に思います。このような大きな影響は、小さな金銭的な寄付でも実現できます。進化と癒しにおける最大の飛躍のいくつかは、最小のステップで行われます。これからもYGBとインドの姉妹のために、LAでヨガクラスを開催していきたいと思っています。

ソフィー・ハーバート

ニューヨーク、NY

"ある国が自分の人生にこんなにも大きな影響を与えるとは想像もしていませんでした。大学時代に始めたインドへの定期的な訪問は、アーティストとして、ヨガの実践者/指導者として、そして人間としての私の野心を変えてくれました。それは、小さな具体的な行動を通して世界をポジティブに変えていく能力を決して過小評価してはいけないという、最も力を与えてくれる気づきを与えてくれました。さらに、インドで出会った信じられないほどのもてなしの心は、愛なくして豊かさはないということを常に思い出させてくれました。インドでは、自分が持っているすべてのもの、そして自分にできるすべてのことに感謝する気持ちを強めてくれました。私に多くのものを与えてくれた場所に恩返しをすることは、私の義務です。Yoga Gives Back と一緒に仕事ができることにとても感謝しています。

イェルゲン・クリスチャンソン

ロサンゼルス、カリフォルニア州

"Yoga gives back 誰かの人生に深遠な変化をもたらすためのシンプルだが強力な方法です。これは、インドの女性とその家族が自立して安心して暮らせるようにやる気を起こさせるための方法です。また、クリシュナやブッダ、そして多くの悟りを開いた魂の国に何かを還元する方法でもあります。私は個人的に、ヨガが教えてくれたこと、そして今日の私を形成してくれたことに感謝しています。

ジル・ローソン

CO.DOLORES, CO.

ジルはヨガスタジオを所有し、ヨガティーチャートレーニングプログラムを指導し、様々なヨガとフィットネスのクラスを教えています。彼女のもう一つの情熱は文章を書くことです。多くの出版物に何百もの記事を書いてきたが、最近では初の小説を書き始めたところである。Yoga Gives Back のアンバサダーとして、ジルはヨガを通して自分自身を大切にすることの重要性を認識させ、他の人のためにもっと大きく貢献できるようにしたいと願っている。

"ヨガのクラスの最後には、いつも生徒に『心と体のケアをしてくれてありがとう』と言います。ヨガを実践することで、奉仕しようという意欲が育まれます。Yoga Gives Back は、ヨガ発祥の地であるインドの美しい人々に恩返しをすることで感謝の気持ちを伝え、自分の人生だけでなく、多くの人々の人生にポジティブな影響を与えたいと考えている人にとっての祝福です。"

ラモーナ・ルードヒュースト

(ベルギー)

アドリカイザー

テキサス州ダラス

アドリア・カイザーは、世界的に有名なヨガインストラクターであり、熱心なファンを持つウェルネスコーチです。 アドリアの専門知識は多くの出版物に掲載されており、フィットネスやウェルネスブランドの顔としても紹介されています。 アドリアのウェルネスに対するユニークで本格的なアプローチは、10年以上にわたって慢性的な腰痛に対処してきた個人的な経験に由来しており、複数のヒーリングとウェルネス・モダリティの資格の豊富なリストに支えられています。アドリア・カイザーは、クラス、コーチングセッション、真の内面の美しさを発見し開発する方法を教える専門プログラムを提供することで、世界中の何百人もの女性が、よりマインドフルで健康的でバランスのとれたライフスタイルを送ることができるように支援してきました。

"私はYoga Gives Back を支援できることを誇りに思います。なぜなら、彼らのミッションが即座に私に共鳴したからです。YGBは女性が自分自身に力を与える手助けをしています。YGBは、女性が自分の生活と家族の生活を向上させるために、ビジネスウーマンとして成功する機会を提供しています。他の人を助け、その人の人生にプラスの変化をもたらすことができるという贈り物ほど素晴らしいものはありません。ヨガを教えることでも、時間やお金を寄付することでも、そのポジティブなエネルギーの波紋は、私たちが考えていた以上の場所や人々に届くのです。

デボラサックス

Atha Yoga
Grass Valley, CA

Devorah has been a dedicated practitioner of Ashtanga Yoga since 1993 and for the past 25 years she has shared her knowledge and passion with her students.  In 1997 she made her first trip of many to Mysore, India to study at the Ashtanga Yoga Research Institute and has since received authorization to teach. She spent 20 years teaching in and around the San Francisco Bay Area and founded one of San Francisco’s first and biggest Mysore programs.  In 2020 she moved to Grass Valley, California and opened Atha Yoga where she offers weekly mysore classes, philosophy study and other workshops and trainings.  In addition to her yoga teaching Devorah is a licensed Somatic Therapist and works one-on-one with people who want to deepen their healing and learn ways to integrate their yogic understanding so they can take their yoga practice off of the mat and into their lives.

“I love this organization. Yoga Gives Back is truly special. Just like the transformational practice of yoga, YGB is helping to transform the lives of so many women and children and offering them a way to find profound change so they can help themselves and their families. Yoga has given me so many blessings and I feel called to give something back and to be of service.”

 

ロレイン・ラウ

ロレーヌは2001年、アーティストのマネージャーとして芸能界で働いていた時にヨガに出会う。長年、1日平均16時間以上の仕事に追われた多忙な生活は、彼女のエネルギーを消耗させていた。アジアの一流ヨガスタジオの共同創立者であるアーティストの一人が、緊張を解放するために初めてのヨガの練習に連れて行ってくれるまでは、彼女のエネルギーは枯渇していた。それ以来、ロレーヌはヨガを実践し、より多くの人と分かち合いたいという衝動に駆られるようになりました。2005年にアメリカのフロリダで初めてのティーチャートレーニングの資格を取得し、現在はヨガインストラクターとして活躍しています。ヨガが与える自己認識、思いやり、心と体のバランスは、ロレーヌの日常生活の一部となっている。

"私のヨガの道を歩んできた素晴らしい女性、YGBの創始者である三松佳代子さんに、今回の2013年エボリューション・アジアヨガカンファレンスでお会いできたことを光栄に思います。YGBが行っていることは、長い目で見れば彼らの人生に完全に影響を与える可能性のある、女性と子供たちのグループにとってとても意味があり、重要なことなのです。私は何のためらいもなく、このような状況を改善するために、より多くの人に意識を持ってもらうことに大きなモチベーションを感じています!ヨガは私に多くのことを与えてくれています。ヨガは私と世界中の人々に多くのものを与えてくれています。今こそ人々が恩返しをして、Yoga Gives Back!

キャスリーン・キャスナー

ミズーリ州カンザスシティ

キャスリーン・カストナーは、ミズーリ州カンザスシティにあるMaya Yogaのオーナーで、夫のウェイド・モーテンソンと一緒に活動しています。彼女はジャーナリズムの学士号と運動生理学の修士号を取得し、1996年からヨガを教えています。アシュタンガを毎日練習しており、ティム・ミラーとヨルゲン・クリスチャンソンに長距離指導を受けている。彼女はビーガンであり、動物擁護者でもあり、ホームレスのペットを永遠の家に入れることを愛しています。

"私はインドの女性や子供たちが経済的に自立し、教育を受けられるように、彼らが人生の夢を実現する機会を持てるように支援したい"

マノン・シモニ・ブルアン

オランダで2つのヨガスタジオのオーナーであり、献身的なヨガ実践者でもあるマノン・シモニス=ブルエンス。 ヨーガプラス・マーストリヒトとシタールが成功する オランダYGB 創設者のヤンネケ・ヴェルブルク・ヴィエスマは、YGBオランダのコミュニティを1年で築き上げました。ヤンネケは、何十回もの"Thank You Mother India"やリレークラスで大成功を収め、1年でYGBオランダのコミュニティを築き上げました。マノンとヨガプラスの彼女の献身的なチームは、現在YGBオランダをリードしています。

"ジャンヌケが種を蒔いてくれたので、私はこの美しい花が育つように愛をもって栄養を与え、大切にしていき、国全体に、そしてヨガを愛するすべての人々に広がっていきます。これは、国とその特別な人々を再び身近に感じるための素晴らしい選択肢であり、Yoga Gives Back でこの役割を担っています。女性、妻、bussinesswomanとして、私は必要としている女性だけでなく、目標と視点を持って関連しようとしています。私の心は、インドで最も下品で純粋な女性たちのために、自立し、教育を受け、自営業で、強い女性になるためのサポートを必要としています。私は、私のチームと一緒に、必要としているすべての女性をサポートし、手を差し伸べるためにできることをするために、違いを作るための旅に出ています。"

アレッサンドラ・ディ・プランペロ

アレッサンドラ・ディ・プランペロは、イタリア・ミラノ出身の公認アヌサラ・ヨガ・ティーチャーです。幼い頃から母親の指導の下でハタヨガを始め、1993年にはスピリチュアルアドバイザーに出会い、瞑想や伝統的なヨガの全ての側面を紹介してもらいました。1993年、スピリチュアルアドバイザーに出会い、瞑想とヨガの伝統的な側面を紹介してもらうという幸運に恵まれる。

ローマ史の学位を優秀な成績で取得して卒業した後、自分が最も好きなことはヨガの経験を共有することだと気づく。2001年にハタヨガを教え始める。2002年からアヌサラヨガを学び、実践している。アヌサラ認定インストラクターの中には、ジェイエンドラ・ハンリー、ピエロ・ヴィバレリ、アンドレア・ボーニ、エレン・サルトンストール、ジム・ベルナート、アヌサラヨガの創始者であるジョン・フレンドなどがいる。
2004年11月にSOLOYOGA協会より認定を受け、2005年にはイタリア国立ヨガ指導者協会(YANI)の会員となりました。アレッサンドラのサットヴァスタジオの生徒達は、彼女のエネルギー、優しさ、誠実さ、そしてスピリチュアルな眼鏡で日常生活を見つめる彼女の能力が大好きです。

"ヨガは私の人生を変えました。長年のヨガの練習を通して、人生は良いものであり、たとえ困難なものであっても経験する価値があることに気付きました。ヨガの先生として、またヨガの実践者として、Yoga Gives Back を通じてインドの女性や子供たちを支援することは、その国の素晴らしいヨガの遺産に感謝の気持ちを表す方法です。そして、一人の女性として、他の人の人生を変える手助けができることを特に嬉しく思っています。YGBのマイクロクレジットプログラムを通して、女性たちが家族を支え、子供たちにより良い人生を送るチャンスを与えられることを実感し、自分自身に満足してくれることを願っています。“

チャマ

日本、東京

TOKYO YOGA(TYG)の創設者でありディレクターでもあるチャマは、日本を代表するヨガインストラクターの一人です。アシュタンガ・ヴィンヤサ・ヨガとクレニオセイクラルセラピーを実践することで、心と身体のバランスを探求し、健康と平和を体験してきた。Sri K. Pattabhi JoisとJudith Lasaterに師事したチャマは、解剖学に基づいたユニークで豊富な指導法で、個々の身体の潜在能力を最大限に引き出すことに長けている。ヨガの経験と利点を共有するために、チャマは現在、自身のスタジオや、ヨガフェス、ヨガエイドジャパン、パタゴニアでのヨガなどの主要なヨガイベントを含む、日本各地の多くのワークショップで指導を行っている。また、最も人気のある無料ヨガマガジン「YOGAYOMU」の発行、DVDやヨガブックの制作監修、雑誌やウェブなど様々なメディアへの出演も行っている。YOGAボランティアグループ"Yoga and Music(YAM)"リーダー。2011年にはボランティアグループを率いて東北の津波被災地を訪問。ヨガジャーナルにも掲載されている。

"私はヨガのインストラクターをするだけでなく、YOGAを実践できるように常に努力しています。私が参加したことで、誰かの人生に幸せをもたらしながら、YOGAを実践することを考えるきっかけになれば、とても嬉しいです。"

ダビッド・キム

ロサンゼルス、カリフォルニア州

DAVID KIM (E-RYT 500)はシニアヨガワークスのティーチャートレーナーであり、世界中で数多くのトレーニング、ワークショップ、リトリートを指導しています。ブラウン大学を卒業したデビッドは、アイアンガーとアシュタンガの伝統に大きく影響を受け、陰ヨガとマインドフルネス瞑想の瞑想的なポイズンによって豊かになった実践と指導を行っています。MyYogaWorks.comやYogaVibesでのオンラインレッスンを含むデビッドのクラスは、彼の心のこもった献身的な姿勢が反映されていて、とても生き生きとしたヒーリングの練習になっています。

"ヨガは、制限された、しばしばネガティブな思考や状況を超越するための私たちの真の可能性を明らかにしてくれる、深いエンパワーメントの練習です。同様に、YogaGivesBack は、インドで働く女性たちが、自分自身とその家族のために、そうでなければ手の届かない仕事や教育の機会を生み出すための努力にマイクロファイナンスを提供することで、力を与えています。第三世界の貧困を緩和することは、途方もない仕事のように思えるかもしれませんが、ヨガは、変容とはステップバイステップのプロセスであり、そのような変化が可能であるというシンプルな信念に基づいた献身的な練習であることを教えてくれます。

ミアトーゴ

ロサンゼルス、カリフォルニア州

ヨガインストラクター、ティーチャートレーナー、メンター。公認プロのライフコーチ。ミアは、カリフォルニア州ムリエタで乗馬とダンサーとして育ちました。これが彼女のヨガへの愛と献身への道を開くことになるとは知らなかった。

18歳の時、彼女はプロとしてダンスを始め、映画、テレビ、舞台、ミュージックビデオなどで活躍。UCLAで心理学の学位を取得すると同時に、競争の激しいダンスの世界では、注意と癒しを必要とする自信喪失と不安が露呈し、それが彼女の師匠であり指導者でもあるモナ・ミラーのもとで働くことにつながった。ミアのヨガの練習は1996年に始まり、多くの先生方に様々なスタイルや哲学を学び、最終的にヴィンヤサフローに情熱を見出しました。ミアは200年に指導を開始し、ヨガワークス認定ティーチャー、ティーチャートレーナーであり、ヨガワークス300時間プログラムの指導者でもある。彼女の教師としての目的は、生徒が神聖で、ヒーリング、高揚感、スピリットに触発された本物の体験をできるようにすることである。

"ヨガが私に与えてくれた最大の贈り物は、自尊心を育み、個人の力で生きることです。全国的にも世界的にも、力のパラダイムが変わりつつあります。Yoga Gives Back は、インドの最も貧しい地域の女性たちに力を与えるための小口融資を行っている素晴らしい組織です。女性であり、ヨガの先生であり、中小企業の経営者でもある私は、女性が自分の声を見つけ、ビジネス開発の起業家精神を通してそれを表現することを奨励するこの組織の一員になれることにワクワクしています。

TANJA MICKWITZ

イギリス・ロンドン

タニヤはロンドンを拠点に2005年から教えている。2000年にヨガの旅を始めて以来、様々なスタイルのヨガを探求してきたが、その全てが彼女の練習と指導に影響を与えている。アシュタンガの規律と厳しさ、ヴィンヤサフローの創造性と自由さ、アヌサラの優雅さとアラインメント、ロッド・ストライカーによって設立されたパラヨガのエネルギーと哲学に最も深いインスピレーションを受けている。タニヤは、多様で創造的なシークエンス、挑戦的でありながらも集中力のある練習、育成的な雰囲気を作り上げることで知られています。タニヤは、ヨガの真に変革的な力にインスピレーションを受け、驚き続けています。

"私はすぐにYoga Gives Backの理念に共鳴し、カルマ・ヨガが本当に実践されていることを示しています。YGBのキャンペーンが支援している支援の種類を見ていると、「一回のヨガクラスの値段だけで人生を変えることができる」だけでなく、潜在的には何世代にもわたる可能性があることがわかります。女性がビジネスを始めたり、貧困から抜け出し、起業家精神を養い、自立するための職業的スキルを身につけるための支援ができることは、今も将来も、彼女たちの家族全体に大きな影響を与えるでしょう。私たちにとっては海の中の一滴のように見えることが、持続的な波紋を生むことになるのです。これは、持続的な変化を生み出すための刺激的な方法なのです。また、YGBをサポートすることで、私のプラクティスの祖国に何かをお返しする機会にもなります。ヨガは、自分の人生の中で自由と選択を見つける方法を教えてくれるので、YGBと協力してインドの女性たちに自然には手に入らない自由と選択を提供できることを光栄に思っています。

アミパテル

イギリス・ロンドン

Amiはイギリス・ロンドン在住のビジュアルアーティストです。"最初から、私のインドの伝統は、スピリチュアルな成長のための種を植えました。今日では、この種は探求され、育まれ、培われ、ヨガは私の生活と幸福の不可欠な一部となっています。

"他人に思いやりを示すことは、私たちの神聖な義務だと信じています。私たちは皆、人生の目的を持っていますし、私たちは皆、お返しをして、私たちの世界に変化をもたらす何かを持っています。Yoga Gives Back 私の心にとても近い大義のために支援し、意識を高めることができることを嬉しく思います。

ダナ・タラサヴァージュ

ニューヨーク

ダナは、認定レベル2のアシュタンガヨガインストラクター、ピラティスマットのインストラクター、修復ヨガのインストラクターとして活躍しています。

2004年に初めてマットに足を踏み入れて以来、ヨガの実践がもたらす挑戦と報酬に魅了され続けている。2009年にコミュニケーション学の学士号を取得した後、ヨガティーチャートレーニングを修了し、2011年からは、KPJAYIでアシュタンガ・ヴィンヤサ・ヨガ、哲学、サンスクリット語を学び、ヨガのルーツとのつながりを深めるために、毎年1ヶ月間インドのマイソールへと旅をしている。

2013年より、ニューヨークのランドヨガで毎日マイソールアシュタンガのクラスを教えている。また、現在はニューヨークヨガとピラティス・オン・ザ・スクエアでも教えており、「ポエトリー・オブ・ヨガ」に掲載された詩人として出版されている。ダナは、フロリダ、カリフォルニア、イスラエル、コスタリカでクラスとワークショップを教えている。

"インドは私の心の中でとても大切な場所で、数年の旅とヨガの勉強の後、第二の故郷のようになりました。美しさ、献身、平和が貧困や苦しみとシームレスに混ざり合っている、対照的な国だといつも感じています。YGBのアンバサダーとして参加し、インドで苦しんでいるかもしれない人々により多くの平和と機会をもたらすために、自分のささやかな役割を果たせることを光栄に思います。YGBのコンセプトがすぐに気に入りました。

ステュアート・ギルクリスト

スチュワートは、人気のある革新的で本格的なダイナミックなクラスでロンドン中に知られています。彼のエネルギッシュでチャレンジングな教えは、ヨギーの知識だけでなく、彼のユニークなカリスマ性、政治性、ユーモアを吹き込んでいます。彼のクラスでは、呼吸、ヴィンヤサ、哲学に重点を置き、身体的な調整を強く行います。スチュワートは、ヨガのオリジナルの教えを現代の世界に応用し、示唆に富むクラスを作り上げています。

アスタンガとジヴァムクティの教師として訓練を受けたスチュワートのスピリチュアルな旅は、彼のユニークな教え方に深い影響を与えた教師たちと世界中で訓練することにつながりました。

彼はすべての先生方に永遠の感謝を捧げています。サーベル・タイム、ジェニファー・デイル、ハーミッシュ、デビッド・ライフ、シャロン・ギャノン、スワミ・ニラマランダ、スリ・K・パッタビ・ジョイス。

ジェフ・リッチー

ジェフ・リヒティは熱心な冒険家であり、真実と知恵を求める思慮深い探求者です。救急救命士としての16年間の経験に加え、実存的な傾向があったことから、アシュタンガヨガの修行に入り、スリ・K・パタビ・ジョイスとスリ・R・シャラート・ジョイスのもとで直接学びました。彼はアシュタンガヨガの巨匠のもとで直接学ぶために、17回以上もインドを訪れている。指導者としての資格 じっしゅう ジェフは2006年にグルジとシャラートによってアシュタンガヨガの指導を受け、カナダと世界各地でフルタイムでアシュタンガヨガを教えています。カルガリーのアシュタンガ・ヨガ・スクールでは、実践者のコミュニティのためのスペースを提供しており、ジェフはアシュタンガ・ヨガのダイナミックで実践的な教えを街に浸透させ続けています。彼は、現在の身体中心の文化の範囲を超えて、普通のヨガの定義を広げ、これらのプラクティスがいかにパワフルに人生のあらゆる分野に浸透していくかを明らかにする真の才能を持っています。

"YGBに関われることを非常に楽しみにしています。私が初めてインドを訪れたのは1993年、カルカッタでマザー・テレサのボランティア活動をした時でしたが、貧困の深刻さにすぐに衝撃を受けました。それから18回の旅を経て、YGBは真髄の解決策を見つけ出しました。女性に力を与えよう!」です。私はこのベンチャーを信じていますし、その影響は雪だるま式に広がっていき、多くの人々の生活にプラスの効果をもたらすと考えています。

ビート・ショルツ

ロサンゼルス、カリフォルニア州

2005年にヨガを始めたベアテは、2011年にロサンゼルスのダウンタウンにあるピースヨガギャラリーのオーナーであるシェリ・レーと出会ってから、何かが彼女の中で大きく変化しました。ヨガは彼女の真の情熱と人生の目的となりました。長年ファッション業界でビジネスを成功させてきた後、彼女はスローダウンを求められていると感じていました...ヨガは、より健全な生き方への扉を開き、内なる探求を始めました。その後の数年間で、彼女の人生のあらゆる面で完全な変化が起こりました。2013年にアニー・カーペンターのティーチャートレーニングを受講することを決意し、翌年には初めてのインド旅行を行い、リシケシュの北にあるアシュラムで学び、またヴリダヴァンへの旅行も行った。ビートは、有名なアニー・カーペンター(スマートフロー)とバクティ・ヨガ・シャラ(バクティ・ヨガ)の創始者であるゴヴィン・ダス、そしてコア・パワー・ヨガ(ホット・ヴィンヤサ・パワー・ヨガ)の素晴らしい講師陣のもとで学び、3つのスタジオ全てでRYT200時間の認定を受けました。ベアテは、毎日のアーサナ、プラナヤマ、瞑想、チャンティング、キルタン、ヴィーガンのライフスタイル、セヴァなど、ヨギックなライフスタイルのあらゆる側面を全面的に受け入れている。ベアテは、自己実現と幸福を究極の目標とするパタニジャリの八本の手足の道に沿って、幸福の科学的なシステムとしてのヨガの献身的な側面に重点を置いて、強力なヴィンヤサの流れを教えています。

"ヨガを始めて以来、インドは私の心の中でとても特別な場所になっています。文化も人々も、私にとってはとても美しく親しみやすいもので、前世に住んでいたような気がします。2015年にインドを1ヶ月間訪問した時、私は誰もが心を開いて歓迎してくれ、それに深く感動しました。しかし、私はこの国がいかに豊かな国であるかを目の当たりにし、同時に貧困や女性に対する不平等と闘っていることを目の当たりにしました。

ニナヘイズ

ロサンゼルス

E - RYT 500、800 - 時間ジヴァムクティ認定、AADP、VLCE

ニーナ・ヘイズはLAを拠点に活動するアドバンスド認定ヨガインストラクター&リトリートリーダー。彼女は、かつて衰弱していた病気から回復するためのツールを提供することでヨガの練習をしていると信じており、他の人の肉体的、精神的な癒しを促進することに専念しています。

LAに移住する前は、全米の企業や大学でヨガや瞑想のワークショップを指導し、ボストンバレエ団では特別なニーズを持つ子供たちのために動きを教え、子供病院やハーバードがんセンターでは、十分なサービスを受けていない人々のためにエクササイズや栄養学の取り組みを研究していました。植物ベースのシェフとして、ニーナは受賞歴のあるビーガンボンボンカンパニーを設立し、アーティストのモス・デフとタリブ・クウェリのためにグリーンルームビーガンのおやつを提供しました。彼女の個人的な実践と指導は、オーストラリア、インド、ヨーロッパ、バリなど世界中を旅してきました。2009年からは、ニューヨークのジヴァムクティ・ヨガ、シドニーのサマディ・ヨガで幅広くトレーニングを受け、クリパル・センター・フォー・ヨガ&ヘルスでは癌のためのヨガの専門トレーニングを受けている。マサチューセッツ大学で健康科学とダンスの学士号を取得。現在は、彼女の新しい「ヨガの家」であるTantrisで思いやりのあるコミュニティを育てることに興奮している。ニーナのクラスは、本格的でありながら、あらゆるレベルの人たちが、人生のあらゆる段階で参加できるようになっています。生徒たちはニーナの温かさに触れ、聖典的な講義を楽しみ、愛と光を体現していることに感謝しています。 ニーナは、シャロン・ジ・ギャノン、デイビッド・ジ・ライフ、ジョシュア・グリーン(ヨゲスバラ)などの先生方に深く感謝しています。

"インドを旅して、極度の貧困、経済的、ジェンダー的な格差を目の当たりにしたことで、不釣り合いな数の女性や子供たちが直面している苦しみに目をつむることは、私の人間性を損なうだけである。社会の最も偉大な思想家や精神的指導者たちは、文明の真のテストは、最も脆弱な人々、すなわち女性、子供、病人、高齢者の世話をする能力によって測定される、としばしば述べています。我々は、これが真実であることを知っているが、まだ苦しみに圧倒され、我々は無感覚と無力になる。私は、この苦しみを和らげるために自分の人生を使うことを可能にしてくれる組織、インフラ、粘り強さを提供してくれたYoga Gives Back'sに感謝しています。思いやりの心を持ってこそ、お互いと愛そのものからの断絶感を癒すことが可能なのです。

ソルバロス

アルゼンチン、ブエノスアイレス

ソル-バロスは常に彼女の感情を表現する必要性を持っていた、これに感謝し、彼女の経験は、異なる宗教がどのように自分自身を明示する方法に興味を持って彼女を作ったチベット仏教の避難所を取って。彼女は自分自身の存在とそれを償還するすべてのものを熟考するために、瞑想の喜びを楽しむようになったが、彼女はまだ何か他のものがあると感じた。彼女が約20年前にヨガの練習を始めたとき、それはそのまま残っているそれのための深い情熱を見つけたときにそこにあった。

アシュタンガヨガを通してヨガの勉強を始め、ブエノスアイレスのUSAL(サルバドール大学)でヨガの学位を取得し、プレティーチングを行う。

ハタヨガ、ヴィンヤサ、アイアンガー、リストラティブヨガ、ヨガニドラなどの様々なヨガを世界中で共有し、体験し、学び、教えています。

"最初は、YGBの一員であることをとても光栄に思いました。私の人生を変えたすべての学びが生まれたマザー・インディアに何かをお返しできることは、それ自体が大きな贈り物でした .... しかし、時間が経つにつれて、カヨコさんの素晴らしい仕事を内包するようになりました。今日では、母親と子供たちが価値ある人生を送れるように、できる限りのことをしてあげることが、私にとって必要なことになりました。いつの日か、私も戦場で物理的に支援と人の助けを借りてお手伝いできるようになりたいと思っています...当分の間、私はYGBを支援し、YGBを助け、他の人にもそうするように促していきたいと思います...それには多くは必要ありません。

平川真理子

ニューヨーク、NY

マリコは20年以上の指導経験を持つヨガ・アーユルヴェーダのエキスパートです。元プロのダンサーであり、インドで訓練を受けたアーユルヴェーダ医師でもある彼女は、科学的な知識と身体の直感的な理解を兼ね備えています。1999年から毎年インドを訪れ、ヨガ、アーユルヴェーダ、そしてその分野の著名なマスターのもとで学ぶ。2003年には、多くの末期患者を診てきた経験から、インドでも有数のアーユルヴェーダ大学で、インド古来のヒーリング科学であるアーユルヴェーダを学ぶための奨学金を申請し、満額の奨学金を獲得。ヒンディー語とサンスクリット語に堪能で、国際的に認められたインドのアーユルヴェーダ大学で5年半の厳しいB.A.M.S.(アーユルヴェーダ医学と外科学の学士号)プログラムを修了した欧米でも数少ない女性の一人である。世界中でリトリートやワークショップを行っていない時は、エクイノックスフィットネスとペニンシュラスパで彼女のシグネチャーであるフルードヨガのクラスを教え、ニューヨークではプライベートでアーユルヴェーダのプラクティスを行っています。

"私がYoga Gives Back を心から支持しているのは、インド社会の下層階級の母親たちが家族を養うためにどれほど大変な仕事をしているかを直接目の当たりにした経験があるからです。インドの様々な地域に10年ほど住んできましたが、偉大なヨギーやマスター、学者、賢者に囲まれていましたが、インドで受けた最大の教訓は、彼らが日々、真摯に、明るく、一生懸命に働いている姿を見てきたことだと感じています。Yoga Gives Back は、西洋のヨガ修行者とインドの価値ある女性たちを結びつけることで、ヨガの大いなる目的、「Y」を冠したヨガ、寛大で癒し、思いやりがあり、真の変革をもたらすヨガ、インドの悟りを開いたリシズ(賢者)からの本来の贈り物であるヨガへの気づきを与えてくれています。Yoga Gives Back は、ダルマに基づいた神聖なアクティヴィズムに参加することを可能にしてくれます。それは私たちの実践を、社会経済的にポジティブな影響を与えるような深い普遍的な祈りに変えてくれます。関わっているすべての人にとって、なんという力を与えてくれることでしょう。

マリー・カーケンドール

メアリー・キルケンドールは、カンザス州ユードラにあるユードラヨガセンターのオーナーです。カリフォルニアで生まれ育ったメアリーは、ニューヨークとカンザスの音楽学校でクラシックフルート演奏の3つの学位を取得し、世界中でクラシック現代音楽の指導と演奏を行ってきました。2009年にアシュタンガ・ヴィンヤサ・ヨガに出会い、この美しいヨガの生徒となる機会に感謝している。彼女はヨガインストラクターの資格を取得し、多くの先生方のサポートと指導に感謝しています。2015年、メアリーはEudora Yoga Centerをオープンし、フルートを売却し、サンスクリット語と禅に興味を持ち続けています。夫、母、愛犬のサム君と暮らしています。

"別のアンバサダーに促されて、2016年のアシュタンガ・コンフルエンスでYGBのプレゼンテーションを聞くために席に座りました。私はこの団体のミッションに感銘を受けましたが、翌年初めて南インドを訪れ、小さな村や部族のコミュニティを訪問するまでは、この団体の取り組みがどれほど効果的であるかを理解することはできませんでした。同じようなミッションを持つ他の素晴らしい団体を目の当たりにし、マザー・インディアが私たち全員に愛の腕を広げ続けている中で、YGBと一緒に働く機会を得られたことに感謝しています。“

マイケル・バッド

ロサンゼルス、カリフォルニア州

マイキー・バッドはジャージーの少年であり、それを誇りに思っています。サッカー選手、ランナー、そしてもちろんブレイクダンサーとして常にアクティブなライフスタイルを送ってきました。しかし、ヨガの美しさと恩恵に出会うまでは、彼は最終的に中心にいることを感じていませんでした。5週間のインド旅行の後、マイキーは認定ヨガインストラクターとなり、自分の知識を皆に伝えたいと思うようになりました。コミュニティの一員として積極的に活動しており、低所得者層、リスクのある生徒、囚人など、クラスにアクセスできない場所や人々に無料でヨガを提供している。マイキーは現在、ウェストハリウッドのプレイリスト・ヨガでも教えています。ウエストハリウッドでのヨガと「B-BOY」としての日々が、彼の革新的なヒップホップフローのベースラインとなっている。

"インドは、5週間訪問した後、私の心にとても近く、大切な場所になっています。Yoga Gives Back は、特に女性と子供たちのためにこれらの負担をなくすために活動している素晴らしい財団です。人々が教育を受け、食事を与えられ、愛されていることを知ることはとても重要です。私は、恵まれない人々に利益をもたらす組織を支援していますが、YGBは本当に変化をもたらすことができる場所を対象としています。私たちに最高の贈り物の一つを与えてくれた国にお返しをするのは素晴らしいことです。

ダナ・ブロンド

カナダ カルガリー

ダナ・ブロンドは、カナダのアルバータ州カルガリーにあるアシュタンガヨガスクール「ヨガ・シャラ・カルガリー」のディレクターです。

"ヨガの練習は、最初の数年(私の場合は10年)は地に足がついて、はっきりとしていて、楽になることもあります。私がアーサナを練習するために自分自身に投資する時間は、主に思いやりを持って他の人の役に立つようになるための準備をするためです。インドの女性たちのサポートや励ましのお手伝いをする機会を与えていただいたことに感謝しています。コミュニティとして一緒に働くことで、私たちは本当に変化をもたらすことができるのです。

ビルジット・クリステン

ロサンゼルス、カリフォルニア州

デンマークで育ち、19歳でロサンゼルスに移り住み、心理学、マッサージセラピー、瞑想、ヨガの勉強を始める。ヨガは彼女の情熱となり、1993年からフルタイムで教え始めました。

彼女は多くの偉大な先生方のもとで勉強しましたが、その先生方は人生の様々な時期に私に自分自身のことを教えてくれ、私の成長を助けてくれました。私に最も影響を与えてくれた先生は、エーリッヒ・シフマン、リサ・ウォルフォード、マティ・エズラティ、ロッド・ストライカー、ゲイリー・クラフツウ、ジョン・フレンドです。

"ヨガは驚くべきものであり、世界への贈り物です。私は、ヨガと、その奥深く古代からの教えを広める手助けをする機会にとても感謝しています。カヨコさんと出会って、すぐに確信しました。 彼女の情熱、ハート、そして誠実さこそが、この美しい組織のバックボーンなのです。私は、インドの女性や子供たちが持続可能な生活を築くための力を与え、お返しができることを嬉しく思っています。

CATIA LEITE

イギリス・ロンドン

カティアの自己探求のためのヨガの旅は2003年に始まり、それ以来、癒しの体験であり、人生観を深く変えた人生の変容であった。彼女の探求は、多くのスタイルのヨガを試すことにつながった。パワーヨガ(ヴィンヤサ)、アシュタンガ、ジヴァムクティ。デイビッド・スウェンソン、マット・コリリアーノ、キノ、マシュー・スウィーニー、アン・マリー・ニューランド、スチュワート・ギルクリストからインスピレーションを受け、現在も彼女の主な指導者でありインスピレーションの源となっている。彼女は今でも彼と一緒に仕事をしており、ティーチャートレーニングの際にはアシスタントや指導をしています。

India is very special in many ways to me and to many other yogis. To be able to give something back through “Yoga gives Back” is a wonderful way for me to share my gratitude for all the wisdom, knowledge, bliss and so much more it has given me and continues to share with the world. I am honoured to be supporting YGB and to contribute to the future of women and children in India. For they too deserve to have something back. Something wonderful in their life, a better future, a future with hope.

アレッサンドラ・ペコレラ

イギリス・ロンドン

アレッサンドラは26歳のヨギーニで、幼い頃から多くの伝統的なヨガを学んできました。バクティ、スーリヤ、アスタンガ、プラーナフロー、クリヤ、ラジャ、タントラ、アーユルヴェーダなど、多くの伝統を幼い頃から学んできました。90年代初頭からスワミ・クリヤナンダ(パラマハンサ・ヨガナンダのクリヤ・ヨガ弟子)、パッタビ・ジョイス(アスタンガ・ヨガの創始者)の直接の弟子であり、過去12年間はシヴァ・レア(プラナ・フロー・ヨガ)の熱心な弟子でもあります。彼女はヨガアライアンスUKのシニアヨガティーチャーSYTです。この認定は、ヨガアライアンスUKが定める優れた基準を設定しています。アレッサンドラは、過去11年間ヨガを教えています。刺激的でチャレンジングなヴィンヤサフローヨガのクラス、イベント、ワークショップを開催し、古代からのヨガのテクニックを現代の生活に取り入れることを目指している。アディタ・ヨガ・スクールの創設者であり、ヨガアライアンスUKに登録されたヴィンヤサ・フロー・ファウンデーション200時間とアドバンス300時間のティーチャートレーニングプログラムを提供している。アレッサンドラは、ローマのラ・サピエンツァ大学で人体の電磁場を専攻し、電子工学の修士号を取得。栄養学を学び、30年近くヨギーとアーユルヴェーダの原理に基づいて生活してきました。

"この素晴らしい取り組みの大使になれたことに感謝していますYoga Gives Back!ヨガの練習はかけがえのないものです。この古代の学問は、インドの神父によって、人類が意識的に進化していく過程を助けるためのツールとして鍛えられました。ヨガの道に足を踏み入れると、まず私たちは自分自身の内なる不協和音や外的条件付けから癒し始めます。自己改善に伴い、人生を最大限に生きる能力が身につき、最後には、この人生への愛から、他の人に恩返しをする意志が生まれます。Yoga Gives Back をサポートすることで、私たちはヨガへの愛を広げ、ヨガを必要としている女性や子供たちに力を与えることで、人生を祝福します。これは素晴らしい機会です。これらの女性や子供たちは、貧困から抜け出し、楽しい人生を送るチャンスを与えられています。Coming full circleYoga Gives Back!

サラ・プラットフィンガー

ニューヨーク

サラ・プラット・フィンガーは、夫のヨギラージ・アラン・フィンガーと共にISHTA Yogaの共同創設者であり、Citysearchではマンハッタンのヨガスタジオのトップ7にランクインしています。彼女は有名なヨガの先生であり、国際的にもトレーニングやワークショップを指導している。彼女のシグネチャークラスである"Sweat and Samadhi"は、Well and Good、Yoga U Online、Origin magazineに掲載されている。また、ルルレモンのブランドアンバサダーであり、家庭内暴力の生存者にヨガを教える非営利団体「Exhale to Inhale」の理事も務めている。娘のサティヤは、愛と束縛されない可能性に基づいた人生を送るために日々インスピレーションを与えている。

「本当の問題は、なぜYGBをサポートしたくないのかということです。ヨガ教師としての人生の目的を選び、娘の母として、ヨガを通して人、特に女性に力を与えることに情熱を感じています。ヨガは他の人を癒し、変革する能力を持っており、YGBは教育資金マイクロローンを通じてインドの女性と子供たちにそれを行っています。私の目には、私が知る人がいなくても、誰なのか、あるいは、私がいないので、インドの人々、文化、精神に恩返しをするのは私の義務です。

ケリルエジー

マコー

ケリルは献身的なヨガの実践者であり、その指導の基本的な動機は、呼吸と精神のアライメントにアクセスするための手段として、身体の完全性に働きかけることにあります。彼女は、ヨギーの伝統、現代科学、そして人生の細かい部分を心から愛しています。これらをユーモアを交えながら、生徒たちに自分の習慣から一歩踏み出し、自分に課せられた制限からの脱却を促しています。呼吸法とマインドフルネスは、心と体のつながりの奥深くにアクセスするための手段であると強く信じています。このようにして、ヨガの真の働きを実践の中に見出すのです。

ケリルは、ヨガアライアンスの経験豊富な500時間ティーチャーであり、登録された出生前のティーチャーでもあり、ヨガセラピストとして、プラーナヤーマと専門的な解剖学の幅広いトレーニングを受けてきました。彼女は10年以上アシュタンガのアーサナを熱心に練習しており、6年以上教えています。

オーストラリア、中国、マカオで専門的なヨガワークショップを定期的に開催している。彼女はマカオで唯一のマイソールの先生を紹介しており、今でもその地位を維持している。

Kerillは、Michel Besnard、Roslyn Ying、Paul Dallaghan、Arielle Nash-Degagne、Richard Freeman、Mary Taylor、Carlos Pomedaからインスピレーションを受けています。

"10億人を超える人口の中では、見過ごされがちです。女性や子供たちに「手っ取り早いお金」を渡すことは、インドの貧困の連鎖から抜け出すための持続可能な方法ではありません。代わりに小口融資や教育を提供することで、女性たちが責任感を持ち始め、自分自身や子供たちのための出口の可能性を見出すことで、自分たちの運命をコントロールすることができるのです。ヨガの実践者として、ヨガの実践は私たちの精神的な苦しみを和らげることを可能にしてくれています。私は、この見過ごされがちな人々の身体的な苦しみを、現在と未来の世代のために持続可能な方法で緩和する手助けをしたいと思っています。この文化が私に与えてくれた贈り物に『ありがとう』と言うことが、私にできる最低限のことです。

プラニディ・ヴァルシュニー

ロサンゼルス、カリフォルニア州

プラニディ・ヴァルシュニーは熱心なアシュタンガヨガの実践者であり教師であり、西ロサンゼルスにあるコミュニティ支援型のアシュタンガヨガスタジオ、ヨガ・シャラ・ウエストの創設者でもある。アシュタンガヨガとその道を歩むすべての生徒たちへの深い愛を分かち合うために教えている。彼女は自分自身と生徒のために、マットの上でもマットの外でもバランス感覚を養うことを目標としている。彼女の目標は、生徒たちに定期的な練習を積むように促すことであり、練習にコミットすることが、本物の思いやりのある人生を送るための最も確実な方法であることを発見したからである。

また、芸術への深い情熱を持ち、サンスクリット語のチャンティングのアルバムをリリースしている。プラニディは世界のヨガコミュニティで活躍しており、Yoga Gives Back アンバサダーとして活動したり、ヨガとボディイメージ連合のアドバイザリーボードにも参加している。すべての仕事を通して、インスピレーションを与え、刺激を与え、コミュニティを構築し、最終的には心に触れることを目標としている。

"ヨガは私のルーツと深いつながりを与えてくれました。この贈り物は、世界に奉仕する責任を持っています。YGBはそのための方法をヨガコミュニティに提供し、私たちの仕事の成果を共有しています。組織 は世界中のヨガプラクティショナーの目を開き、必要としている人々を助けるためにエネルギーとリソースを貢献するよう私たちを鼓舞してくれています。インドは私たちのプラクティスの多くの発祥の地であり、その人々を高揚させる手助けをすることで、私たちはヨガのルーツに敬意を表しています。私はYGBをサポートし、私たちのコミュニティを広げていくことを楽しみにしています。“

高橋清美

ロサンゼルス、カリフォルニア州

清美はヨガと瞑想の熱心で情熱的な実践者であり教師です。心の底からの願望に導かれた喜びに満ちた人生を送るための手助けをすることが彼女の第一の目的です。彼女の教え方は、軽快でありながらもエネルギッシュで、詳細な指導、励まし、修正を加えた豊かなものです。ヨガワークス認定ティーチャー、ヨガアライアンスE-RYT500ヨガティーチャー、IKYTA認定クンダリーニヨガティーチャー、認定ヨガセラピスト(LMU)、認定ホリスティックヘルス&ウェルネスコーチ。

ヨガスタジオや企業のクライアントでグループやプライベートクラスを教え、ロサンゼルスや国際的なスタジオ、イベント、フェスティバルなどでティーチャートレーニングやワークショップをリードしている。

"Yoga Gives Back のアンバサダーを務めることを光栄に思いますし、誇りに思います。組織の揺るぎない核となる目的と、本当に必要としている人々の生活を支援するために拡大し続けるビジョンは、純粋に感動を与えてくれます。“

ピート・ギノーソ

サンフランシスコ、カリフォルニア州

30年間のランニング、サイクリング、競技スポーツの後、ピートは自分の最大の挑戦と冒険がヨガマットの上で起こることを知り、愕然としました。ピートは世界的に有名なヨガインストラクター、アナ・フォレストのもとで数年と600時間以上のトレーニングを受けました。この経験から、呼吸法と意識を統合した精力的なヨガの練習を通して、あらゆるレベルの生徒を思いやりを持って導く方法を学んだ。

喜びに満ちたエネルギー、思いやりのある指導、ユーモアのセンスで知られるピートは、スピリチュアルでありながらも軽快な環境を作り、生徒たちがヨガの深い恩恵を発見できるようにしています。2006年にフォレストヨガティーチャートレーニングプログラムを卒業したピートは、ERYT-500の登録者であり、ヨガツリーのティーチャートレーナーの一人としてスタッフとして活躍しています。また、ヨガジャーナルカンファレンス、アジアヨガカンファレンス、Wanderlust、Tadasana Festival、Bhaktifestなどのヨガフェスティバルやカンファレンスでもヨガを教えている。

"私の人生における使命は、ヨガを通して世界を癒す手助けをすることです。その癒しの一環として、ヨガが私に与えてくれた愛と強さと自信の祝福に感謝することがあります。そのために、ヨガを生んだ国の女性や子供たちを教育し、力を与えるための活動を支援することを許可してくれたYoga Gives Back に深く感謝しています。これ以上に支援する価値のある組織は思いつきません。貧困にあえぐ女性や子供たちが、彼らが利用できる機会や資源を改善することで、その可能性を最大限に発揮できるように支援することで、私たちは世界を変えていくのです。"与えることの力について私が知っていることを知っていたら、あなたは何かの方法でそれを分かち合うことなく、一度も食事をしないでしょう。"- お釈迦様"

シモーナ・シマノビッチ

イギリス・ロンドン

シモナは、創造的なシークエンスを用いた、活気に満ちた魂のこもったクラスを教えています。彼女はスピリチュアルな練習としてヨガを生活しており、ヨガをパワフルなテクニックとして伝えることに情熱を注いでいます。8年前にヨガへの愛を発見して以来、アシュタンガ、ヴィンヤサフロー、ダルマミットラ、ジヴァムクティ、シヴァナンダ、陰ヨガからアクロヨガまで、様々なスタイルのヨガを練習してきた。彼女にインスピレーションを与え、より深いレベルのプラクティスへと導いてくれた全ての先生方に感謝しています。旅先ではインドで数ヶ月を過ごし、ヨガの練習を深め、その古代の伝統に触れてきた。ロンドンでアレッサンドラ・ペコレラ先生のもとでトレーニングを受け、ヨガアライアンスUKの認定ヴィンヤサ・フロー・ティーチャーでもある。

"最初にYoga Gives Back のことを聞いた時、素晴らしいプロジェクトだと思いました。ヨギとして、つながりを保ち、このパワフルな修行のルーツを尊重することはとても大切なことです。インドが旅先で与えてくれたもの、教えてくれたものすべてに深く感謝し、その美しい人々と古代の伝統に大きな敬意を抱いています。ヨギとして、インドで最も必要としているコミュニティにお返しをしたり、支援したりできる立場にあるならば、行動を起こすことはとても重要なことだと思います。

ジゼルマリ

カリフォルニア州サンフランシスコ

ジヴァムクティ・ヨガと陰ヨガ- ジヴァムクティ・ヨガの上級認定講師であり、E-RYT500の講師でもあるジゼルが90年代初頭にヨガを始めたのは、彼女の体操やダンスの経歴、音楽への情熱、ボヘミアン・フラメンコ・ダンサーに育てられたことから自然な流れであった。サンフランシスコのベイエリアを拠点に、世界中のヨガスタジオやカンファレンス、フェスティバルでプレゼンテーションを行っている。また、ヨガジャーナルやヨガインターナショナルマガジンの表紙を飾り、多くの記事にも登場している。また、キャサリン・バディグの著書「Women's Health.The Big Book of Yoga」でも紹介されています。Gaiamのアンバサダー、Originマガジンのコラムニスト、The Art of Yoga Projectのアドバイザリーコミッティー、YogaGloのティーチャーでもある。ヨガを教えていない時は、素晴らしい夫と娘、そして4匹の犬と一緒にいることが大好きです。

"Yoga Gives Back のアンバサダーを務めることは、とても光栄なことです。Yoga Gives Back は、行動でヨガを実践することの意味を体現しています。私たちの行動と意思の結集によって、私たちはインドの女性と子供たちの夢と願望をサポートし、同時に平等な権利の必須条件を作り出すことができます。小口融資プログラム、職業訓練、教育支援を通じて、私たちは必要な社会的変化と、何世代にもわたってインスピレーションを受け、力を与えられた行動の波及効果を生み出しています。

カトリン・ブディグ

ロサンゼルス、カリフォルニア州

キャサリン・ブディグは、国際的に有名なヨガの先生であり、作家でもある。彼女のメッセージである"真を目指せ"を通して、その親しみやすさ、ユーモア、そして生徒たちに力を与える能力で知られている。彼女は、自己受容、正直さ、そして生徒や読者が真のバランスを見つけられるようにサポートする戦士である。カンザス出身のキャサリンは、バージニア大学で英語と演劇の二重学位を取得して卒業した後、ロサンゼルスに移り住み、マティ・エズラティとチャック・ミラーの指導を受けました。世界中のワークショップ、フェスティバル、会議でキャサリンと練習することができます。 ヨガグロドットコム.

「私は愛が人生の目標だと思うので、私はYGBをサポートしています。ヨガの先生であることは、私が好きなことをして、同時に恩返しをする機会を与えてくれます。

アマンダ・ジャクソン

ミシガン州トラバースシティ

アマンダは、ミシガン州トラバースシティでヨガの熱心な生徒であり教師でもあります。アシュタンガ・ヴィンヤサとヨガセラピーをインドのケララ州バーカラのアビジュナ・スクール・オブ・ヨガで学ぶ。2012年には、韓国ソウルでESLとヨガのインストラクターとして1年間を過ごす。海外でのヨガの練習を通して、世界共通の言語としてのヨガを体験し、人々を感謝、思いやり、コミュニティを共有する場所へと導くことができた。ヨガの練習により、アマンダは自分の力で立ち上がる自由を体験することができた。アマンダは、女性や子供たちにヨガが与えてくれた平和と力強さを体験する機会を提供できることを光栄に思っている。

"Yoga Gives Back は、思いやりのある人々が一堂に会し、意思を行動に移すことでもたらされるインパクトを示す感動的な例です。グローバルなコミュニティとして協力し、できる限りの恩返しをすることで、私たちは本当に変化をもたらし、持続的な変化を生み出すことができるのです。

デイビッド・ミリオティス

1989年にヨガを始め、数ヶ月後にはグルジであるK.パタビ・ジョイスのもとでアシュタンガヨガを学び始める。彼はマイソールを何度も訪れ、そこでサンスクリット語、チャンティング、ヨガ哲学の勉強も始めた。現在は、カリフォルニア州サンディエゴにあるヴェーダギータ財団のヴィドワン・スリカンタ・シャストリのもとで研究を続けている。身体的なものと哲学的なものをブレンドすることで、デイヴィッドは、グルジの有名な名言である"練習、練習、練習...すべてがやってくる!"を人々が実現できるように、日々の継続的な練習への献身に火をつけることを目的としている。

"ヨガは人類への贈り物です。ヨガは、平和と喜びのための魂の必要性を満たす、永遠に続く深い栄養を与えてくれます。インドの豊かな遺産は、多くの苦難の中で私たちに受け継がれてきました。インドの献身的な人々がいなければ、ヨガはどこにあったでしょうか?誰もがインドの恵まれた人々に感謝し、愛に満ちたサポートを提供しましょう。一滴一滴バケツが満たされ、一人ずつ世界がより育まれ、調和のとれた場所になっていくのです。誰もが愛に満ちた優しさに値し、インドから私たちに与えられたヨガはその道を示してくれます。

STEPHANIE CROCHET(ステファニー・クロシェット

ロサンゼルス、カリフォルニア州

フランスとタヒチのルーツを持つロサンゼルス出身で、世界旅行への深い情熱を持つステファニー・クロッシェは、異文化とあらゆる生き方を受け入れる。2013年、ステファニーは指導者のキア・ミラーと共にヨガワークスで500時間のティーチャートレーニングを修了。同年、ヨガへの情熱とキャリアを追求するために、リクルーターとして成功していた仕事を辞めました。今日に至るまで、彼女は振り返ることなく、夢を実現し続けている。ステッフは、私たちが穏やかで、心が澄んでいて、ストレスのない場所から生きているとき、人は自分のユニークな真実と光につながることができると信じています。

"私がYGBを応援したいと思ったのは、2016年3月にインドを旅したことが、私にとって最も深く、心に響く経験の一つだったからです。私をインドに導いてくれたヨガに出会えたことにとても感謝しています。西洋の世界でマザー・インディアが私たちと分かち合ってくれたすべてのことに、これ以上の恩返しをする方法は思いつきません。“

マルティ日航

ロサンゼルス、カリフォルニア州

ジャズピアニストの娘であるマルティ・ニッコーは、幼少期をナイトクラブで過ごし、多くの偉大なミュージシャンの芸術と知恵を吸収しました。聴いたものに魅了された彼女は、自分の音楽を歌い、演奏するようになり、生来のジャズとソウルの知識を温かく自然な声に吹き込みました。マーティは高校卒業後すぐにDJ Drezと出会い、一緒に演奏やレコーディングを始めました。20年近くに渡り、彼らのコラボレーションは、ヒップホップ、レゲエ、キルタン、ジャズ、ソウルなど、様々なスタイルの音楽に難なく溶け込む、親密な音楽言語となっています。DJ Drezのどのアルバムを聴いても、Marti Nikkoの豊かでニュアンスのある歌声を聴くことができます。彼女の初のフルレングスアルバムは、2015年初頭にBlack Swan Soundsからリリースされる予定で、彼女の本能的な音楽性と、深く献身的なマントラの練習が融合しています。マーティのシンガーとしての才能に加えて、彼女の歌唱力は、その才能を最大限に発揮しています。 ソングライターでありパフォーマーでもある彼女は、ロサンゼルスでヨガとピラティスを教えています。 

"Yoga Gives Back のアンバサダーを務めることができて光栄です。ヨガを分かち合うことで多くのことを提供してくれた国をサポートし、その国に恩返しをするために、自分ができる方法で貢献できることに感謝しています。このプラクティスは、私を日々深く刺激し、サポートしてくれています。私は自分の声、音楽、そしてヨガを通して、できる限りの支援をしていきたいと思っています。インドの美しい女性や子供たちのために、力を与え、インスピレーションを与え、機会やリソースを改善するために、一緒に頑張りましょう。愛を込めて。ハリ・オム"

アパルナ・カーノルカル

カリフォルニア州サンタバーバラ

アパルナ・カノルカルはアーユルヴェーダライフスタイルカウンセラーです。ワークショップを教えたり、個人的にリトリートやインテンシヴでクライアントと仕事をしたりしています。彼女の仕事の焦点は、生き方としてのウェルネスと、自分のライフスタイルが長寿に直結することにあります。西洋人のための実用的なアーユルヴェーダの提唱者でもある。チョープラセンターの元シェフであり、作家、スピーカー、女性のためのプログラムの作成者でもある。

"Yoga Gives Back は、インドの女性である私にとって大切な大義名分です。持続可能な経済的自立を促すためのスキルとローンを女性に提供することは、シングルマザーの私にとって刺激的なことです。インドの女性がこのレベルの支援を受けられることを知ることは、私に満足感を与えてくれます。“

ウィルミエン・ボス

(イギリス)

ウィルミエンは、ヨガ、気功、瞑想などの東洋のプラクティスと栄養やライフスタイルを組み合わせた、真の健康とウェルビーイングのためのパーソナルシステムであるOne Flowのオーナーでありクリエイターでもある。 彼女は現在も気功とヨガの勉強と実践を続けており、様々なスタジオで積極的に教えているほか、ライフセンターとヨーガキャンパスのマーケティングとコミュニケーションの専門家として働いている。彼女は自身のブログを持っており、記事の一部はRunners World Magazineに掲載されています。彼女は以前にもOn the Right Trackと協力して地域社会に手を差し伸べたことがあります。On the Right Trackは、コミックリリーフが資金提供した2年間のプロジェクト(2011年4月~2013年3月)でした。このプロジェクトでは、若者のカウンセリングや、ヨガやその他の運動活動などのウェルビーイングサービスへのアクセスを向上させるための様々な活動が行われました。 www.oneflow.guru

"Yoga Gives back のアンバサダーを務め、私のイベント経験と指導スキルをインドの女性や子供たちのために意識を高め、創造性を発揮し、生活の質を高める機会を与える手段として共有できることを嬉しく思っています。Yoga Gives Back は女性や子供たちに、より良い生活と教育の機会を提供しています。募金活動に参加することで、これらの人々の生活に真の変化をもたらすことができ、私にとっては、ヨガという信じられないほどの癒しの芸術をもたらしてくれたマザーインディアに感謝し、敬意を表する方法です。ヨガは一体感を意味し、この一体感の意識の中で、私たちは他の人に手を差し伸べることができます。Yoga Gives Back を代表する機会を得られたことに感謝しています。

ローレン・ピーターソン

ロサンゼルス、カリフォルニア州

ローレン・ピーターソン(E-RYT 500)は、世界中を飛び回ってワークショップやティーチャートレーニングを教えている有名なヨガインストラクターです。彼女は25年以上ヨガを実践しており、1992年から教えている。チャック・ミラーに10年以上師事し、アシスタントを務める。チャックはアシュタンガヨガシステムの第4シリーズまで教えてくれた。また、リチャード・フリーマンに教えてもらった第5シリーズの最初の数ポーズと戯れてきた。

 ローレンは、テレビシリーズ「ヒーリングクエスト」や、ヨガジャーナル誌でも紹介されています。 モンテニド摂食障害センター 摂食障害に悩む女性のために

マリブフィットネスとロサンゼルスのヨガサロンでクラスを教えています。

"多くの要望があります" "私たちの支援を求めて私は、動物や環境、人権を助ける団体を支援しています。私たちは圧倒されて、ポケットの中のジッパーを閉めたくなることがあります。私がYGBを支援することを決めたのは、数人の人を助けたいという一人の人から始まったからです。それは多くの人が寄付をすることによって有機的に成長してきました。あなたの寄付がどのように人々を助けているのか、すぐにわかります。私のお金や友人のお金は、それを必要としている人たちのところに行き、誤魔化されることはないと確信しています。“

ハイダーアリ

2007年よりスピリットヨガスタジオ/スピリットインターナショナルヨガスクールを大阪で開校。

ハイダーはイラクのバグダッドで9人家族の末っ子として生まれた。 母語はアラビア語ですが、英語、日本語、タイ語も話せます。13歳でテコンドーを始め、心身の力をつけ、自信をつける。16歳の時、自分を理解するためにヨガを始めた。 ハイダーは、ヨガは人生の生き方を教えてくれる哲学であり、完璧に近い自分自身を発見してくれるものだと信じています。
"Find Happiness through Sharing Happiness"-2004年に初めてインドのリシキッシュにヨガの旅に出た時、お寺の門にあったこのインスピレーションに満ちた言葉を見て、その時は本当に心に響きました。インドはヨガの故郷であり、私たちはそこにいる人々のためにポジティブな変化をもたらすために、できる限りのお返しをすることを忘れてはいけません。助けを必要としている人に恩返しをするために私はこの人生にいると信じていますし、彼らをサポートすることはヨギーとしての責任の一つです。ネバーギブアップマイフレンド"

マリエケ・ヴリーゲン

オランダ、マーストリヒト

"ヨガは、自分の内面の強みを引き出し、シャドーサイトを探求し、そこから学ぶことを助けてくれますが、何よりも両方を受け入れることができます。YGBのメンバーであることは、インドの女性や子供たちに、私たちが持っているすべての良さを分かち合う機会を与えてくれます。ヨガの先生であり、ソーシャルワーカーでもある私は、寄付による特別なヨガクラスを開催し、オランダのヨギとヨギーニの下でYGBの重要性についてより多くの認識をもたらし、YGBのユースメンバーとしての新しい役割を担う私の名付け子エヴィをサポートすることを計画しています。共有は思いやりです。"違いを作るには自分が小さすぎると思うなら、部屋の中で蚊と一緒に寝てみなさい"ダイラ・ラマ"

DJ DREZ

ロサンゼルス、カリフォルニア州

Drezは昨日のルーツと今日の革新的なアーバンビートをブレンドしています。ヒップホップDJからワールドミュージックテイストメーカーへと徐々に進化してきた彼の功績は、彼をLAの多彩な音楽シーンのトップDJ兼プロデューサーの一人に押し上げた。彼がスタジオでプロデュースをしていない時、アンダーグラウンドのヒップホップクラブでスピンしたり、地元のアーティストと即興の深夜セッションでジャムをしたりしている時、ヨガマットの上で彼を見つけることができるかもしれません。ドレズのユニークな才能は、ヨガクラスやリトリートだけでなく、ヨーロッパからアジアまでのナイトクラブや音楽フェスティバルでも高い需要があります。彼の先駆的でジャンルを超えた作品は、The SourceからYoga Journalまでの雑誌に掲載されています。

"インドは長年、私の精神的、音楽的なインスピレーションを与えてくれました。私はヨガの練習の起源を認めなければなりません。ヨガがなかったら、今の私はありませんでした。このような女性や子供たちが持続可能な生活を送り、成長していくのを助ける機会を得られたことに感謝しています。お返しをすること。OM"

シャノン コネル

イリノイ州シカゴ

シャノンは18年間ヨガを実践し、7年間教えてきました。彼女はヴィンヤサとアシュタンガヨガの認定講師であり、シカゴ在住のYOGA NOW CHICAGOで教えています。 彼女のスタイルは、挑戦的なポーズ、創造的なシークエンス、そして心のこもったメッセージやインスピレーションを組み合わせた独自のもので、生徒と共有することが大好きです。彼女の目標は、この美しい贈り物であるヨガと、すべての生き物や物事を「統合」に導く素晴らしい能力を共有する手助けをすることです。彼女は、身体、心、精神で学んだ美しいレッスンをマットの上から、ヨガの贈り物を最も完全に共有できる世界に持っていくことに、自分自身と生徒たちに挑戦している。

"インドへの素晴らしいYGB旅行から戻ってきたばかりの親友キャスリーン・カストナー(カンザスシティ大使)からYGBのことを聞いたとき、私はすぐに参加しなければならないと思いました。YGBがインドの姉妹や子供たちを支援し、持ち上げ、愛するために行っていることが大好きです。この美しいヨガの練習を私たちに与えてくれた母なるインドにお返しをするという考えは、私に大きな声で呼びかけています。YGBが支援しているインドの女性や子供たちに意識を高め、変化をもたらし、できればもっと平和をもたらすために、募金活動に貢献できる機会を得られたことにワクワクしています。OM SHANTI!

ネア・フェリエ

ドバイ、アラブ首長国連邦

ネアはアシュタンガヨガのKPJAYIレベルII認定講師です。2006年から毎年マイソールに赴き、アシュタンガ・ヨガ・インスティテュートで学び、2010年には指導者としての祝福を受けました。シドニー出身のネアは、オーストラリア、中国、日本、ロシア、シンガポール、トルコ、そして現在はドバイでアシュタンガヨガへの愛を分かち合ってきました。 UAEに留学。彼女は毎年マイソールでシャラート・ジョイスに師事し、アドバンスドAシリーズを学び続けている。

"最初の数回のインド旅行の後、私は自分に多くのものを与えてくれた国に恩返しをしたいと思っていることに気づきました。ここ数年、さまざまな慈善団体と仕事をしてきましたが、実際に変化をもたらすことができる適切なタイプの団体を支援することの重要性を実感しました。女性が自分自身と家族のためにより良い未来を作るために力を与えることは、私たちができる最も価値のある貢献の一つだと確信しています。ヨガの教師として、またヨガの生徒として、恩返しをすることは私のダルマの一部だと感じています。Yoga Gives Back がこの機会を与えてくれたことを嬉しく思います。

シーン・コーン

ロサンゼルス、カリフォルニア州

シーン・コーンは、情熱的なアクティヴィズム、ユニークな自己表現、インスピレーションに満ちた指導スタイルで知られる国際的に有名なヨガの先生です。世界をリードするヨガの専門家として、トゥデイショー、オプラの「Sacred Spaces」、NPR、世界27誌以上の雑誌の表紙を飾るなど、数え切れないほどの雑誌記事やニュース番組で取り上げられている。個人の変革と社会変革のための強力で明確な声を持ち、そのプラットフォームを利用して世界中の草の根プロジェクトの活動にヨガコミュニティを鼓舞し、動員してきた。 2007年からは、Hala KhouriとSuzanne Sterlingと共に、組織 Off the Mat, Into the World® (OTM)を率い、リーダーを養成し、HIV/AIDSの流行や性売買などの世界的な人道問題についての意識を高める活動を行っている。OTMは開始以来、グローバル・セバ・チャレンジを通じて450万ドル以上の資金を集めており、これは、困っている地域社会に奉仕する多くのパートナーに資金を提供しています。2005年には、HIV/AIDSの危機に対する募金活動や意識向上に尽力したことが評価され、「コンシャス・ヒューマニタリアン」賞を受賞しました。2013年には、国際的な支援活動への取り組みが評価され、「グローバル・グリーン・ミレニアム・アワード」を受賞しました。2013年には、スミソニアン協会からヨガと活動への継続的な取り組みが評価され、「グローバル・グリーン・ミレニアム・アワード」を受賞しました。また、『ヨガ・イズ』、『Yヨガ』、『タイタンズ・オブ・ヨガ』、『ファム』、『ザ・インヴォケーション』、『ヨガ・ウーマン』など、スピリチュアリティとヨガに関する多くのドキュメンタリー映画に出演しており、『ヨガの詩』、『ヨガとボディ・イメージ』などの書籍にも寄稿している。Gaiam、Yoga Journal、Sounds Trueなどで多くの自著のヨガDVDを出版しており、現在は初の本を執筆中である。

"インドの女性と子供たちを支援する団体の大使になれたことをとても誇りに思います。彼らのビジョンと努力に敬意を表し、私のようなヨギーの生活と信念を高めるために多くのことをしてきた文化と人々に奉仕する彼らの献身から、多くの人々が恩恵を受けていることを知っています"

スタン・ウッドマン

米国コネチカット州

スタン・ウッドマンは、インドのマイソールにあるK. Pattabhi Jois Ashtanga Yoga Institute (KPJAYI)のレベル2認定アシュタンガヨガ講師であり、Kaia Yoga (カイアヨガ)の共同オーナーでもあります。www.kaiayoga.com)、コネチカット州最大の統合型ウェルネスセンターです。2001年にニューヨークでスリ・K・パタビ・ジョイスに初めて出会い、スタンは2003年にインドのマイソールにある源泉を訪れ、グルジのもとで学びました。それ以来、彼はK.パタビ・ジョイス・アシュタンガ・ヨガ・インスティテュートを何度か訪れ、2009年に彼が亡くなるまで創設者のもとで学び、最終的にはジョイスの相続人であり孫でもあるシャラート・ジョイスのもとで学びました。現在、スタンは毎年マイソールへの巡礼を続け、シャラートと共にKPJAYIで学んでいます。また、コネチカット州グリニッジのカイアヨガでアシュタンガ・マイソールプログラムを主宰している。また、Wanderlust、Kripalu、Omega Institute、International Retreatsなどでワークショップを開催している。スタンは、フィットネス、More、オーガニックスパ、マントラヨガ&ヘルスマガジンなど、多くの雑誌で紹介されている。

熱心なエクストリームスポーツ愛好家であるスタンは、特にスノーボードやスケートボードに挑戦することが大好きです。彼はコネチカット州で妻のジーナと2人の子供たちと暮らしている。

"アンバサダーとしてYoga Gives Back に参加する機会を得たことを大変光栄に思っています。

MARYSIA DO

シンガポール

マリシアは16歳の時にヨガを始めました。ヨガは彼女の強さと平和の源であり続けています。生徒を信じ、目標を達成する能力を信じて、エンパワーメントを教えています。また、彼女はハンドスタンドの愛好家でもあります。ヨガを教えるだけでなく、鍼灸師とハーバリストの資格も持っています。ニューヨークで育ち、その後ロサンゼルスに移り住み、USCと洋山大学の大学と大学院に通う。2013年には素晴らしい夫と共にシンガポールに移り住み、Pure Yogaでヨガを教えています。

"ある程度の豊かさを持って生活している個人として、地域社会に恩返しをすることが自分の責任だと考えています。マイクロクレジットプログラムを支援することで、インドの女性や子供たちに良い生活を送るだけでなく、地域社会に貢献する機会を与えることができるからです。

カリバスマン

 

 

ステップ・チャールウッド

ガーンジー、チャンネルアイランド、イギリス

ステフは美しいガーンジーのチャンネル島に住んでいます。自然は彼女のクラスにとって大きなインスピレーションの源であり、夏には参加者をアウトドアに連れて行き、地球のエネルギーとつながることが大好きです。ヨガを教えて5年になりますが、ピラティスクラスやレスミルズのグループエクササイズクラスも運営しています。ステフは最近、もう一人のYGBアンバサダーであり、My Kind of Yoga™の創設者でもあるアン・シー・ヨーのもとで追加トレーニングを受け、シンプルで無駄がなく分かりやすいヨガのアプローチを生み出す意図的な動きのシステムへの愛を分かち合っています。ステフのクラスでは、ヨガの本質に忠実でありながら、参加者は自分の体で動きを感じ、自分に合うユニークな選択肢を見つけることができるように、マインドフルな練習を奨励しています。また、マットの上でもマットの外でも、自分の意図を実践し、ただ動くだけではなく、生きるための方法としてのヨガを完全に受け入れることができるように指導しています。

"Yoga Gives Back は、そのアイデアのシンプルさから、私にチャリティとして話しかけてきました。私たちの生活の中で、インドから来たヨガのギフトを手に入れることができてとても幸運です。西洋の女性として、私たちの教育や選択の自由を当たり前のように受け止めてしまいがちです。この美しい大義に寄付することで、インドの女性たちが自分たちの人生にポジティブな変化を起こし、それによって来たるべき世代の人生にもポジティブな変化をもたらすことを可能にし、力を与えているのです。私たち一人一人が、私たちなりの小さな方法で、世界全体をより良い場所にするために一緒に働くことができるのです。

エリザベス・R・シッツラー

フィラデルフィア、ペンシルバニア州

エリザベスは、ペンシルバニア州ハバーフォードにあるプラナ・ダスヨガのマイソールプログラムのディレクターです。また、マイソール・フィラデルフィア(フィラデルフィア、フィシュタウン)とBYCF(ペンシルバニア州チャッズフォード)でマイソールの夜のクラスを教えている。エリザベスはアシュタンガヨガの熱心な生徒であり、実践者であり、教師でもある。主な指導者はヨルゲン・クリスチャンソンとシャラート・ジョイス。

歴史学と政治学を学び、法学部に進学し、テニスのディビジョン1の選手として活躍していた彼女は、父親の説得で初めてヨガを試してみることに。ヨガのダイナミズムにすぐに引き込まれ、動き、呼吸、マインドフルネスをリンクさせた美しさにすぐに惚れ込んだ。すぐに、彼女は毎日ヨガの練習をするようになり、心、身体、精神のポジティブな変化を経験しています。

練習を深めていくうちに、スリ・K・パタビ・ジョイスのアシュタンガ・ヨガ、フィラデルフィアのアシュタンガ・ヨガ・スクール、そして彼女の最初の師匠と出会う。デイビッド・ガリゲス。アシュタンガヨガの完全性と構造は、彼女にとって完璧で自然なものでした。エリザベスは2013年から2017年まで、デビッドのスクール、AYSフィラデルフィアで教え、運営を手伝っていました。エリザベスは常に生徒であり、自分自身とアシュタンガヨガの練習について、そしてどのようにして他の人を自分の旅に導くことができるのかについて、より多くのことを学ぼうと努力している。

"Yoga Gives Back のアンバサダーとしてこのヨギーのグループに参加できることをとても光栄に思っています。私は以前から、ヨガの練習を通して、他の人のために奉仕するように召されていると感じていましたが、この組織を通して奉仕したいと思っています。Yoga Gives Back がインドの女性とその家族のために行っている活動を心から信じています。小口融資を提供することで、YGBは女性たちを抑圧的な状況から解放し、自己の向上と成長に必要なツールを提供することに成功しています。YGBの活動と、私たちがヨガの実践の中で経験する変容のプロセスとの類似性は驚くべきものがあります。YGBは、他の人たちの利益のために、私たちの実践とヨガの教えの力を表現することを可能にしてくれます。

ダフネ東京

BALI

ダフネは、テキサス州出身のスピリチュアルでソウルフルなアーティストであり、教師でもある。20年以上前にヨガのクラスを始めて以来、彼女はスピリチュアルな練習と現代のフォークシンガーソングライターのスタイルを融合させることを探求してきた。テキサス大学オースティン校、バークリー音楽大学、シカゴのオールドタウン・スクール・オブ・フォークミュージックで音楽を学び、マントラ音楽をカルタンマスターのジャイ・ウッタルのもとで学び、サウンド・トルバドゥールのジョナサン・ゴールドマンのもとでサウンド・ヒーリングを学んだ。

彼女の音楽はシヴァ・レアとのヨガミュージックのコンピレーションにも取り上げられており、Mata(バリ島での録音)、Finding Water(カウアイ島での録音)、Samahita Live(タイのサムイ島での録音)の3枚のアルバムをリリースしている。

2008年にバリ島に住んでいた時、ダフネは友人であり師匠でもあるエレン・ワトソンの影響を受け、SpiritDance SoulSongを共同設立しました。エレンは何十年にもわたって運動瞑想(エサレンマッサージから5リズムまで)を教えてきた経験を持ち、ダフネは長年の歌の経験を持ち、生徒達と一緒に自分の本当の声を見つけようとしてきました。 エレンとダフネは、毎年バリ島を中心にSpiritDance SoulSongのトレーニングとリトリートを行っている。

ダフネは12年前にロサンゼルスでキッズヨガを専門とするティーチャートレーニングを修了。小さな子供達と一緒に働くことに喜びと光を見いだしたダフネは、さらに手を広げ、あらゆる年齢層の生徒達を指導するようになる。彼女は、友人であり教師でもあるシヴァ・レアの影響を受け、何度もティーチャートレーニングを受けている。また、エーリッヒ・シフマン、マーク・ウィットウェル、ペマ・チョドロン、アンマチの教えを日々の練習に取り入れている。

"多くの種類のヨガを何年も練習してきて、心からの奉仕のヨガが私にとって最も深いものであることに気がつきました。自分の行動の背後に明確な心のこもった意図を持っている限り、自分が提供したり、行ったりすることは何でも、ポジティブな形で世界に還元していることがわかります。歌ったり、踊ったり、世界中で教えたりしていますが、異なる文化や地域社会の人々と心を通わせ、私たちは皆一つであることを体の隅々まで知ることができたのは素晴らしい旅でした。この「一つの愛」が、私たちが共に分かち合うすべての呼吸、すべての歌、すべての祈りによって強められ続けますように。かよ子さん、この地球上で変化をもたらすであろうインドの母親、娘、姉妹、そして女の子たちへのグローバルなクラ・ギビング・バックに私を招待してくれてありがとうございます。彼女は、人生を完全に生きるための優雅さと喜びを持ってYoga Gives Back をサポートするために、彼女の魂のこもった教えと音楽を共有できることを光栄に思っています。"

マリチャ・デュモン

パリ、フランス

峯岸美智子(みねぎし みちこ

2000年に隠岐ヨガインストラクターの資格を取得した、日本におけるフィットネスエクササイズの先駆者の一人である美智子さん。自身の実験や経験をもとにした運動法が人気を博している。また、小道具も多くの工夫を凝らしており、道具としてのヨガボ(スティック)を革新するきっかけとなりました。ミチコのビジョンは"ヨガはすべての人のために"。障がいのある人、心理的な問題を抱えている人、高齢化が進む日本の人々にヨガの教えを広げ続けている。彼女のスタジオ「ボディ&マインドヨガスタジオ」は、地域のコミュニティに手を差し伸べています。また、アジアヨガ会議、韓国ヨガフェスタ、バリ・スピリット・フェスティバルなど、国内外で大人気のクラスを教えている。

"ヨガを実践できることの祝福を認めつつも、この世の貧困や苦難に苦しむ人々のことを決して忘れてはいけません。一人の人間ができることは限られていますが、私たちの思いが一つになれば、大きな仕事を成し遂げることができます。私もそのような行動のコミュニティに参加していきたいと思います。

ネバ・インガローズ

ワシントンD.C.

ネバ・インガルスは、APPNAの登録ヨガ&アーユルヴェーダライフスタイルセラピスト、ヨガアライアンスのE-RYT500、インナードメインヨガ&アーユルヴェーダティーチャートレーニングスクールのディレクターです。彼女は、ヨガ、瞑想、セイクリッドダンス、ヒーリングアートの多くの分野で生涯の練習と研究をしてきたので、あなたを内面と外面のレベルでより大きなウェルビーイングへと導くことができる唯一の資格を持っています。

"私の尊敬するロサンゼルスのヨガの先生ローレン・ピーターソンは、この素晴らしい組織のディレクターである三本松佳代人を支持しているので、私は遠慮なくYoga Gives Back をサポートしています。

アンジャン・クンデュ

(香港)

6歳の時にヨガの旅を始めて以来、インド全土で開催された350以上のヨガ大会に参加し、優勝している。ヨガの練習を通して、アンジャンはよりマインドフルな人間になり、とてつもなく知識の豊富な教師になった。彼がまだ高校生だった1997年から教えている。インドでロープヨガ、キッズヨガ、タイマッサージ、ピラティスマット、リフォーマーの資格を取得し、PGディプロマを取得した後、B.K.S.アイアンガーヨガ、Sarbhabharatya Sangift、サンスクリットパリシャッドのラトナヨガを学び、現在は香港のピュアヨガでヨガとピラティスを教えている。また、香港やその他の国の癌基金やその他の慈善団体でも指導している。

"私はインドから来ていて、西ベンガル州は私の州であり、この団体はインドのために活動しているので、遠く離れていても祖国のために何かをすることができると思い、この団体のことを知ったとき、本当に入りたいと思いました。私は、この団体に参加すれば、心の底から幸せになり、社会のために何か価値あることができると信じています。皆さんと一緒に仕事をする機会を与えてください。

クリスティーヌ・ワイゼ

ノースカロライナ州アシュビル

クリスティンは2001年にアシュタンガの熱心な練習を始めました。このプラクティスは、身体の実験室を使って、彼女の人生の他の面に波及する基本的なパターンを封じ込めていくための鍵となるものです。アシュタンガの練習は、彼女を魅了し、驚き続けています。アシュタンガの実践と伝統的な方法でそれを共有したいという彼女の情熱に触発されて、2007年にアシュタンガのメソッドを教えるための学習を開始した。デイビッド・キール(yoganatomy.com)は2006年から彼女の主な師匠である。年に数回の練習を続けており、常に生徒第一主義を貫いている。2013年には幸運にもインドのマイソールでシャラート・ランガスワミーのもとで練習することができました。クリスティンは、結合組織療法と構造的統合を専門とするマッサージセラピスト(NCライセンス#15593)でもあります。彼女のマッサージについての詳細は テーモーブメントパズル・ドットコム.

"Yoga Gives Back 素晴らしい団体です。インドの女性や子供たちに小口融資や教育の機会を提供することで、すべての人を高めています。肯定的な影響は広範囲に及んでいます。私は、この団体のプログラムを通じて恩返しができることをとても幸運に感じています。“

TIM FELDMANN

ティム・フェルドマンは、妻のキノ・マクレガーと共に設立し、マット・タシジャンと共に運営するヨガ・シャラ、マイアミ・ライフ・センターのディレクターです。彼は最初の師であるリノ・ミーレによってヨガの道に導かれ、アシュタンガヨガメソッドの創始者であるスリ・K・パタビ・ジョイスと彼の孫であるR・シャラート・ジョイスから直接指導することを認められている。上級Aシリーズのプラクティショナーであるティムは、アシュタンガヨガの伝統的なメソッドに専念しています。

"身体は私たちの精神、真の自己への道です。それがアーサナです"

1992年の落下事故がきっかけでヨギーの道に進む。彼の指導は、F.M.アレクサンダー・テクニークと座位瞑想の広範な研究と、プロのダンサーとして、また国際的に高く評価されている振付師としての20年の経験を統合したものである。機能的な解剖学、アライメント、静止時と運動時の特異な身体と心についての深い知識は、アシュタンガ・メソッドの確固たる理解の上に成り立っています。

ユーモラスで率直でありながら奥深い教え方をするティムは、アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカ大陸を旅している人気の教師です。

https://www.youtube.com/watch?v=-JThx59AFwE

https://www.youtube.com/watch?v=YmCPOyESLb0

https://www.youtube.com/watch?v=BUsluQ8QJu8&t=4s

「ヨガを志望する人として、私は私たちのこの世界ですべてのものを維持するために個人的に意味のある方法を探しています。世界の一部の若者にとって、多くの豊かさがなく、心の中で愛する場所である若者の東の苦しみを持つ生活を築くために何とか貢献することは、私にとってこのような有意義な奉仕を果たすための一歩です。単に確立されたイニシアチブを支持するだけの誇りは、私が手を貸すことを容易かつ簡単にする必要があります。YGBは信頼を持つイニシアチブであり、大使として支援を行えることを光栄に思います。

GWEN TAN WYNNE

アジア

生涯ヨガの生徒であり、3人の男の子の母親でもあるグウェンは、マットの上での練習の中でバランス、思いやり、平和、回復力を見出し、これらの教えを日常生活に取り入れようと努力しています。グウェンは、ヨガの練習がもたらす多くの恩恵を分かち合い、身体的、精神的、感情的、心理的なすべての恩恵に常に畏敬の念を抱いています。

グウェンの指導は、彼女の最初の師であるワンダ・ヒューイットによって形作られています。グウェンは、賢くて知識豊富なジュディス・ハンソン・ラザターやティファニー・クリュイックシャンクに深い感謝の念を感じ、ヨガ医学からインスピレーションを得て、自分自身を癒し、人を助ける方法を学んでいます。

勉強や指導をしていない時は、男の子の家族の後を追いかけたり、一緒に走ったり、この美しい地球の魔法と活気を探求するために世界中を旅しています。主に、人生の複雑さの中で今を生きようと努力している。

"最初にYoga Gives Back のことを聞いたとき、女性に力を与え、子供たちに教育を提供するという彼らの使命に感銘を受け、イベントの開催に踏み切りました。YGBのアンバサダーを務めることができて、とても恵まれていて光栄に思っています。私は恵まれない人々に恩返しをすることができるだけでなく、この素晴らしい運動に関わることで、自分の口から話をすることができるようになりました。

サラ・エズリン

ロサンゼルス、カリフォルニア州

"Yoga Gives Back ファミリーの一員になれたことを大変光栄に思っています。Yoga Gives Back はインドの女性に小口融資を提供しているので、ヨギだけでなく女性である私にとっても特別な組織です。Yoga Gives Back は女性だけでなく、小口融資の副産物として、ヨガ発祥の地であるインド全土のニーズに献身的に応えています。

デニス・ウッドズ

ロサンゼルス、カリフォルニア州

デニス・ウッズは、カリフォルニア州立ロングビーチでダンスとコミュニケーションの学位を取得し、古典的な訓練を受けたダンサーです。ロサンゼルス、ニューヨーク、サンタバーバラでプロとして活躍。レインボーキッズヨガとホワイトロータス財団の卒業生として、現在はロサンゼルス全域で教えている。様々なダンススタジオやヨガスタジオ、企業、学校で教えているが、様々な環境で仕事をする機会があり、それぞれのクラスのユニークなニーズに適応することを学んできた。デニスは、建設的な思考や習慣を身につけることで、ヨガがどの年代でも人生をポジティブに変えることができるということに、常に刺激を受けている。また、彼女の大切な2つの組織の成長をサポートするために、ルルレモン・アスレチカ グレンデールとYoga Gives Back のアンバサダーの役割を担っている。デニスは、内から動くという神聖な実践を通して、人の本質を引き出すことで、毎日に輝きを見出しています。喜び、バランス、気づきの深い感覚を植え付けることで、生徒たちがこれらの美徳をマットの上から生活の中に取り入れてくれることを願っています。デニースは、これまでの指導やサポートをしてくれた先生方や生徒たちに永遠に感謝しています。

"私は人生の大半を子供たちと過ごしてきました。ダンスレッスンからヨガレッスンまで、私の目的は、子供たちが最高の自分になれるように、子供たちの成長と発達を促すことです。子どもたちに強い基盤を与えることが、永続的な変化をもたらす最良の方法であることを知っています。Yoga Gives Back は、貧困の問題に対する一時的な援助ではなく、社会にエンパワーを与え、永続的なプラスの影響を与えるための持続可能な方法を打ち出しているので、素晴らしい組織だと思います。もしあなたがヨガによって力を与えられ、ヨガによって支えられ、ヨガによって自分の基礎がより強固なものになっていくのを感じたならば、それにお返しをしましょう。

マラ・ヒーリー

米国ノースカロライナ州シャーロット

YGBはYGBアンバサダーとしてマーラ・ヒーリーを迎え、シャーロットのヨガフレックスで2年間TYMIを教えてくれています!マーラ・ヒーリーはレベル3認定のユニバーサルヨガの先生であり、金剛仏教の伝統を受け継ぐヨギーニのプラクティショナーです。マーラ・ヒーリーは、レベル3の認定ユニバーサルヨガの先生であり、金剛界仏教の伝統を持つヨギーニのプラクティショナーでもあります。彼女はユニバーサルヨガのワークショップやユニバーサルベースのティーチャートレーニングを教えてアメリカを旅しています。彼女は、ユニバーサルヨガの生みの親であるアンドレイ・ラッパ、シヴァ・ナタ、カルマ・カギュの系譜で認められたラマをヨガの先生と呼ぶことができる幸運に恵まれています。

"YogaGivesBack は、過去のヨギー、グル、ヨガマスター、サーダカ、シッダをサポートし、養い、励ますことで、無私の心で、間接的に、そして直接的に、何世紀にもわたってヨガの精神的な豊かさを支えてきたインドの姉妹たちをサポートするためのお手伝いをしています。何千年にもわたってヨガの教えと伝統を受け継いできたこれらのヨガマスターたちは、最も深いヨガを探求する際に物質的な身体を維持するために、常に家人(通常は女性)の優しさに頼ってきました。これは、何世紀にもわたってヨガを教えてきた人々を愛情をもって支えてきたインドの女性たちをサポートする貴重な機会です。“

デニス・ウェリング

ロサンゼルス、カリフォルニア州

YGBは、献身的なヨガの先生であり、The Yoga Place LA (the yogaplacela.com)のオーナーでもあるデニス・ワリングをYGBアンバサダーに迎え入れることにワクワクしています。

"2回目の募金活動を行った後、YGBとのつながりを感じました。インドの女性や子供たちの話を聞いて、彼らの成長や強さ、プライドを捨てて助けを求める姿に共感しました。ヨガのルーツはインドにあり、私に人生のチャンスを与えてくれました。私もインドの女性や子供たちに同じチャンスを与える時が来たのです。この素晴らしい組織のアンバサダーになれたことを本当に光栄に思います。マザー・インディアに感謝します。“

志賀杏里

香港と日本