SISTER AID プログラム 女性と子どもたちに力を与える

過去16年間にわたり、YGBのSISTER AIDプログラムは、何千人もの恵まれない女性と子どもたちが世代を超えた貧困の連鎖から抜け出し、持続可能な生活と自己価値の感覚を築けるよう支援する、小口融資と早期教育プログラムの実施に成功してきた。 

私たちは、社会から疎外された人々の間に存在し、彼らから機会を奪っている重要なギャップを埋める新しいイニシアチブを追加している。ガールズ・デジタル・センターパッド・プロジェクトプロジェクト・シャエールなどである。 

小口融資が母親たちに力を与える

インドの男女平等は143カ国中135位である。農村部では、女児の50%以上が15歳未満で結婚しているところもある。女性の識字率は男性の識字率よりかなり低いままだ。しかし、女性は最も優れた貧困対策者である。女性は稼いだお金で家族を養うだけでなく、家族の生活の質を向上させ、子どもの教育資金にも充てる。女性は、次の世代に貧困から抜け出す機会を与えることを優先する傾向がある。

2008年、Yoga Gives Back 、ノーベル平和賞受賞者であるムハマド・ユヌス博士のマイクロファイナンスの躍進に触発され、インドにおけるマイクロファイナンスプログラムの支援を開始した。

世界の多くのヨガ・コミュニティがこのキャンペーンに素早く反応し、YGBへの募金支援を拡大した。

NGONishtha, 西ベンガル州

2010年、YGBは西ベンガル州の Nishthaと提携し、革新的な女性のエンパワーメント・マイクロローン・プログラムであるSISTER AIDを立ち上げた。融資には利息を取らないが、借り手には毎月50ルピーを少女たちの教育資金として貯蓄することを義務づけている。50人の女性からスタートしたYGBは、このプログラムを成長させ、550人の貧困女性(45グループ)に収入を得るためのビジネス用の小口融資を提供するまでになった。私たちは毎年、このプログラムが女性たちの生活に多大な好影響を与えていることを目の当たりにしてきた。このプログラムは、女性たちに経済的な強さを与えるだけでなく、虐待や家庭内暴力といった問題に立ち向かうための精神的なサポート・システムも提供している。

幼い娘のための早期教育

このプログラムは、メンバーの若い娘たちにも教育資金を提供している。これまでシスター・エイドは、毎年600人以上の少女が初等教育を受けられるよう援助してきた。また、多くの少女がSHE高等教育奨学金で高等教育を受け、大学卒業を目指している。幼少期に教育の機会を提供することは、彼女たちの人生への影響を最適化する鍵である。 

安全な家庭と教育

SISTER AIDはまた、カルナタカ州チャマラジャナガラの Deenabandhu ホームの37人の子供たちにも資金援助をしている。

これらの子供たちは、他に行くところがまったくない。この施設では、子どもたちは愛情に満ちたケアと質の高い教育を受けることができる。

NGODeenabandhu トラスト、カルナタカ州
私たちの新しい取り組みについて学んでください:
ガールズ・デジタル・センターパッド・プロジェクトプロジェクト・シャーレ
質問やコメントを送信、またはイベントを開催したい場合