当社の取締役会

YGB Boardへの参加にご興味のある方は、info@yogagivesback.orgまでメールをお送りください。
Ken4Goodup-300x225-1.jpeg
DR.ケネス・アタチティ 会長CEO ストーリーマーチャント
出版界で40年以上、エンターテインメント界で20年以上の経験を持つアシティ博士(ジョージタウン大学学士、イェール大学博士)は、作家、プロデューサー、教授、文学マネージャーとして、数十冊の本、映画、ブランドの立ち上げを担当しています。彼のライフワークは、優れたストーリーテラーを見つけ出し、ベストセラー作家や脚本家に育て上げることです。現在、ケンのストーリーマーチャント社は、商業作家や文学作家のための開発、管理、制作、ブランド立ち上げのフルサービスを提供しています。アシティ博士は、自身の経験を活かし、グラミンとキバが発見した物語をハッピーエンドにするために、Yoga Gives Backの活動を支援し、ヨガコミュニティ全体の意識を高めることに尽力しています。 「私がYoga Gives Back を支援するのは、互恵関係が身体的・精神的なレベルから始まり、人間の努力のすべての領域に達するという未来の積極的な象徴だからです。YGBは先駆者であり、世界中のヨガスタジオで感じられる具体的な感謝の気持ちを表現するというニーズを満たしているのです。
KAYOKO-MITSUMATSU.png
三松佳代子創業者/代表取締役社長
ロサンゼルスでヨガを熱心に練習していたカヨコは、2007年にNPO法人を設立しました。 Yoga Gives BackYGBは、2007年に設立された非営利団体です。そのミッションは、第一に、感謝の気持ちを持って世界のヨガコミュニティを動員すること、第二に、インドの女性と子どもたちに持続可能な生計を立てる力を与えること、の2つです。15年目を迎えたYGBは、2400人以上の恵まれない母親と子どもたちにマイクロローンと教育資金を提供しています。YGBのグローバルキャンペーンは、 "1回のヨガクラスの費用で、人生を変えることができる"というマントラのもと、米国の多くの都市と世界30カ国で展開されています。 1992年に渡米する以前は、NHKのプロデューサー・ディレクターとして、ゴールデンタイムの時事問題やドキュメンタリー番組に携わり、在ロンドン日本大使館の文化アタッシェも務めました。オーストラリア、ブラジル、イギリス、アメリカなど海外での生活から得た視点をもとに、ドキュメンタリー映画制作に情熱を注ぐ。現在、そのスキルを生かしてYGB FILMSを撮影・制作し、YGBのファンド受給者のリアルストーリーを世界のヨガコミュニティと共有している。 ロサンゼルスに住むこの30年間、カヨコはNHKの長編ドキュメンタリー番組でプロデューサー・ディレクターとして仕事を続けていましたが、2016年からカヨコはYGBのエグゼクティブ・ディレクターにフルタイムで就任しています。 "私の人生の前半は、経験から学ぶこと。人生の後半は、できるだけ人のために尽くすこと!」。そこで私は、インドの恵まれない女性や子どもたちに力を与えるための非営利団体、Yoga Gives Back 、創設者兼代表として人生を捧げています。ヨーガは私に多くのものを与えてくれました。心の平和を見つける方法、そして何よりも自分自身への信頼を与えてくれました。私は永遠に感謝していますし、世界中の何百万人もの人々が同じように感謝していることを私は知っています。だから、私たちの仲間になりませんか?もし私たちが一緒になれば、もっとたくさんのことができるはずです。#OneMillionYogis!"
ゲイル-225x300-1.jpg
GAIL HEDDING

Gail は財務・会計の分野で 30 年以上の経験を積んでYoga Gives Back にやってきました。公認会計士、市役所、病院、保険会社、そしてお気に入りのひとつであるオレゴンの花卉農家に勤務してきました。夫が経営する農産物と特産物の店で働きながら、小規模なビジネス環境における重要な知識を身につけました。ゲイルは会計学の学士号を取得し、ミズーリ州とオレゴン州の公認会計士の資格も持っています。病院経営、在宅医療、ホスピス、商工会議所、コミュニティアクアティックセンター、ホリデーライトイベントなどの分野で、いくつかの非営利団体の役員を務め、会計を担当しました。現在は、自身のスタジオでヨガを教える傍ら、オレゴン州のメディケイド契約業者とコンサルティングの仕事を続けています。
20年以上前にヨガに出会い、その印象は彼女の人生に深く刻まれました。2015年にLAに移り住み、退職したとき、彼女は自由な時間をどのように使いたいかを考え始めた。ヨガは明確な答えであり、彼女はヨガインストラクターの資格を取得した。友人からYoga Gives Back のことを聞いて調べ始め、組織 でボランティア活動をすることに強い関心を持つようになった。昨年のガラにボランティアとして参加した後、彼女は組織 とそのミッションのために自由な時間を捧げることは正しいことだとさらに確信した。

"私のヨガへの愛と感謝の気持ちと、金融のバックグラウンドを融合させることは、時間を過ごすのに最適な場所だと感じています。このような機会を与えていただき、ありがとうございます。

Jocelyn-Solomon-002-e1554227786263-298x300-1.jpg
ジョセリン・ソロモン

カリフォルニア州サンタモニカを拠点とするJocelyn Solomon Yogaの 創設者であり、YogaWorksのシニアティーチャーでもある。
ジョセリンはYGBへのコミットメントを深め、生徒やコミュニティがヨガをマットの外に持ち出して活動することで、練習の幅を広げるようインスパイアするために役員会に参加する。ジョセリンは、公選弁護人と公民権弁護士として得た法律の専門知識、生涯をかけた活動家としての実践、情熱的なスピーチ、ヨガと奉仕活動への深い愛情を、理事会での仕事に活かしていくでしょう。ジョセリンは、YGBを次のレベルへ押し上げ、YGBがそのミッションの重要な仕事を拡大するのをサポートするシステムとインフラを作る手助けをしたいと考えています。
「私は、Yoga Gives Back の使命を心から応援して います。ヨガの練習は、私の人生の多くの時間を支えてくれました。ですから、私や多くの生徒にとって文字通り命の恩人であるヨガの練習の母国で、女性や子供たちに恩返しをすることは、完全に理にかなっています。奉仕と博愛は、私や私の家族の核となる価値観であり、YGBの一員となることに興奮を覚えます。

Felicia-Tomasko-2-250x300-1.jpg
フェリシア・トマスコ(LA YOGA代表取締役社長
フェリシア・トマスコ(RN, E-RYT-500, C-IAYT, CAP)は、ヨガとアーユルヴェーダの教えへの情熱をライフワークに込めている。正看護師としての訓練と、植物生化学および認知神経科学の研究のバックグラウンドを、実践と指導に活かしている。2002年、LA YOGA Magazineの創刊に携わり、現在は編集長兼Bliss Networkの代表を務める。長年にわたって指導にあたってきたフェリシアは、glo.comの特集講師であり、ロヨラ・メリーマウント大学のヨガ研究およびヨガセラピーの教員を務め、世界中でワークショップを開催しています。フェリシアはサンタモニカで個人診療所を開いています。彼女のコミットメントは、コミュニティのためのアドボカシーと社会的大義のハイライトです。 「ヨガのプラクティスと哲学のない人生は考えられません。現代の国際社会の一員として、恩返しや奉仕をすることは、これらの教えへの感謝を示す重要な要素だと信じています。Yoga Gives Back 、インドの教育や起業を支援する活動をターゲットに、その感謝の気持ちを表現しています。教育、起業、規律、日々の実践、社会正義、団結、そして大小の努力を通していかにお互いを結びつけ、高めていくかということです。私は長い間、Yoga Gives Back を支援してきました。Kayoko をはじめとする支援者やチームメンバーの献身的な努力に敬服しています。 Yoga Gives Back の誠実な文化、そしてヨガのあらゆる側面を通して人々の生活にポジティブな影響を与えることに重点を置いていることを高く評価しています。"
MANEESH KALRA

日本におけるATHA YOGAの創始者であるマニーシュは、ヨガの世界に対するユニークな洞察を提供しています。カナダに住むインドの伝統的な家庭に生まれたマニーシュは、ヨガのルーツと哲学にしっかりと根ざして育った。薬理学の学位を取得し、科学的見地から人体について見識を深め、スポーツへの情熱から、生理学、機能、運動について生涯学び続ける。
MBA取得後、アジアに渡り、投資銀行ゴールドマン・サックスに入社。最初は東京、次に香港で、企業での経験から、マニーシュはより充実したヨガインストラクター、マインドフルネスコーチになりました。彼は、この速いペースで、しばしば圧倒される世界で人生に忙殺されながらも、より永続的な満足と平和を求めている人々に共感することができます。

ヨガ、アーユルヴェーダ(古代インド医学)、サンスクリット語をさらに学ぶため、会社を辞め、インドに帰国。2009年に帰国後、ヨガ、瞑想、マインドフルネス、ウェルネスに関するクラス、リトリート、ワークショップ、企業講演、セミナーを開催し、国内外にその知見を伝えている。
「私は、カヨコとYGBの使命を信じています。8年ほど前に初めてカヨコさんにお会いしたときから、その両方を信じています。その日、アンバサダーとして参加したのはそのためです。そして、この数年間、日本(そして世界)で資金調達や普及活動に取り組んできたのもそのためです。
理事会メンバーとして、私は単に日本での活動を超えて、より大きな貢献ができると思っています。より広い視野で理解することで、YGBが一定の効率性を獲得し、斬新なアイデアやアプローチを思いつき、それを実行することで、母国への影響を高め続けられるようにしたいです。"

マーク・ビリングス(Mosaic Development Consulting創業者
マーク・ビリングスは、モザイク・デベロップメント・コンサルティングの創設者です。キャンペーンマネジメントと非営利コンサルティングの分野で20年近い経験を持ち、YGB理事会に参画しています。全米の教育機関、社会福祉施設、宗教団体に資金調達のコンサルティングを行い、これまでに2億2500万ドル以上の資金確保に貢献した経験を持つ。特に開発戦略、見込み客調査、データ分析が専門。カリフォルニア州オーハイに妻と2人の子供と在住。USFを卒業し、セメスター・アット・シー・プログラムの参加者でもある(F'97)。 "Yoga Gives Back インドの女性や子供たちを支援しながら、世界中のヨギのための意識、コミュニティ、感謝を築く手助けをしています。感謝と寛容を実践するグローバル・コミュニティは感動的であり、YGBのミッションの推進に微力ながら協力できることをうれしく思います。
Kathleen-225x300-1.jpeg
キャサリン・ロス・アリー

キャスリーン・ロス・アリーは、LMUヨガセラピーRxプログラムのマネージング・ディレクター(C-IAYT, E-RYT 500, C.P.T.)で、健康とウェルネスのエキスパートとして30年以上の経験を持つヨガ療法士、フィットネストレーナーである。

キャスリンは1991年にロサンゼルスでAmerican Council on Exercise認定のパーソナルトレーナーとして、リハビリテーション後のエクササイズプログラムに特化したLeen Bodiesを始め、2002年にロサンゼルスのThe Center for Yogaで最初のヨガトレーニングを修了しました。

南カリフォルニアでヨガセラピーとエクササイズプログラムを開発し、シダースサイナイ・タワー血液内科、シダースサイナイ・オシン総合がんセンター、シダースサイナイ・ブランドマン乳房センター、タワーがん研究財団、USCケックおよびUSC/ノリス総合がんセンターでがん治療を支援する継続クラスを指導し続けています。

また、ロヨラ・メリーマウント大学のヨガセラピーRxプログラムのマネージング・ディレクター兼インストラクター、カイザー・パーマネンテ/ウッドランド・ヒルズの健康生活センターのヨガセラピスト兼臨床健康教育者として、様々な健康問題を抱える人々のためにそのスキルを発揮しています。

「ヨガでは、"セヴァ"(他者への奉仕)という概念を教わります。それは、他者の幸福のために献身すること、周囲の人々を向上させたいと願うことを含みます。セヴァは、どのようなヨガの練習にも不可欠な要素であり、私の練習でもそうです。そして、ヨガセラピストとして、他者に奉仕するだけでなく、人々が自分のニーズを理解し、そのニーズに対応する方法を実行するのを助けるために働いています。Yoga Gives Back 、これらの目的を見事に統合しているので、私はその一部になることを選択したのです。Yoga Gives Back と、女性の成長と発達を特に歓迎しない文化圏の女性や少女を支援するために、セヴァの精神で集まったヨガの先生たちのコミュニティを作るというその使命について初めて聞いたとき、まさに私が関わりたいと思った奉仕活動のように思えたのです。私はこれまでの人生で多くの優しさと寛大さを経験してきましたが、この組織を通じて同じことを分かち合うことができるかもしれないと思うと、とても楽しみです。